猫の腸閉塞 ~腸閉塞の原因と症状、腸閉塞の対策~


猫の腸閉塞は、何らかの原因で腸管が詰まってしまい、腹部が膨れたりといった症状が発現し、最悪の場合は死亡する危険性もあります。

腸閉塞は様々な原因で発症し、早急に処置をしなければいけない病気ですが、特異的な症状があるというわけではないので、見落としてしまう事もあります。

今回は猫の腸閉塞について紹介していきたいと思います。

猫の腸閉塞の原因


腸閉塞の原因で最も多いのは誤飲です。誤飲しやすいものとしては、糸やリボンなどのひも状の物や咬み切れる猫用おもちゃの一部、紙などがあります。どれも家の中には普通にあるものなので、飼い主や家族が誤飲したとしても気付かない場合もあります。

また、誤飲以外にも腸管の腫瘍や腸重積、腸管に大量の寄生虫が寄生しても腸閉塞を引き起こします。
直接腸で炎症や腫瘍などが引き起こされていなくても周辺臓器で炎症や腫瘍などが引き起こされて肥大している場合には、腸管を圧迫してしまい、閉塞を引き起こす場合もあります。

胃や腸の手術を施した場合、一時的に腸の蠕動(ぜんどう)運動が停滞してしまい、腸閉塞を起こす場合もあります。また、腸の蠕動運動は血液中の電解質濃度が異常の場合で阻害されてしまう事があります。
血液中の電解質濃度が異常となる病気としては、低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシム血症などがあります。

腸重積

腸閉塞の原因の1つである腸重積(ちょうじゅうせき)は、腸管の1部が腸管腔の中に反転して嵌まり込んでしまった状態になり、進行すると腸の通過障害を起こし、腸閉塞を引き起こします。

大腸炎・下痢・寄生虫・腸内の腫瘍・異物・過去の手術といった事が原因となり、発症してしまいます。

腸重積を発症すると、腹部を触る事を嫌がったり、食欲不振・嘔吐・脱水・渋り腹といった症状が認められます。また、吐血・呼吸困難・体重減少・便秘・ショック症状も発現します。

治療としては脱水症状に陥らないようにしながら、重積部分の整復を施します。軽症の場合は、腸管を元の状態に戻すだけで症状が改善しますが、重傷化した場合は外科手術によって患部の切除が施されます。

猫の腸閉塞の症状


腸閉塞の症状としては、腸が閉塞をするために腸内にガスや液体が溜まってしまい、腹部膨満が認められます。また、腹部の疼痛の為にお腹を丸めてじっとしたり、腹部を触られる事を嫌がったりといったいつもとは違う様子が認められる事で飼い主や家族は気づく事ができます。

また、閉塞が起こっている為に排便をしようとしてもほとんど出ないといった様子が認められます。

他の症状としては、食欲不振・元気消失・吐き気・嘔吐が認められ、嘔吐が激しい場合には水すらも飲むことができないので脱水症状に陥り、命に関わります。

スポンサーリンク




猫の腸閉塞の治療


腸閉塞の症状として脱水やショック状態に陥っている場合には輸液やショック療法などを施し、状態を安定化させてから回復手術によって原因を取り除きます。
その際に、腸が壊死などを引き起こしている場合にはその部分の腸管を切除して縫合する手術が施されます。

また、他の病気が原因となっている場合には、まずはその治療が施されます。腫瘍が原因の場合には患部を切除し、腸重積が原因の場合は腸を正しい位置に戻します。

猫の腸閉塞の予防


腸閉塞の原因で最も多いのが異物の誤飲なので、誤飲しやすいものを猫の飼育環境に置かないようにしたり、おもちゃをそのままにしたりしないようにしましょう。
また、明らかに何かを誤飲していることが分かった場合にはすぐに動物病院での診察を行うようにする事が大切です。

また、腸重積や低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシム血症などの病気、寄生虫の大量寄生が内容に健康管理をしっかりと行うようにする事も腸閉塞の大切な予防法です。

まとめ

1. 原因は、糸やリボンなどのひも状の物や咬み切れる猫用おもちゃの一部、紙などの誤飲が最も多い原因で、腸重積や低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシム血症などの病気、寄生虫の大量寄生なども原因となる事があります。

2. 腸重積は、腸管の1部が腸管腔の中に反転して嵌まり込んでしまった状態になり、進行すると腸の通過障害を起こし、腸閉塞を引き起こします。また、大腸炎・下痢・寄生虫・腸内の腫瘍・異物・過去の手術が原因となります。

3. 症状は、腸が閉塞をするために腸内にガスや液体が溜まってしまい、腹部膨満が認められます。また、腹部の疼痛の為にお腹を丸めてじっとしたり、腹部を触られる事を嫌がったりといった症状があります。

4. 治療は、脱水やショック状態に陥っている場合には輸液やショック療法などを施し、状態を安定化させてから回復手術によって原因を取り除きます。

5. 予防は、誤飲しやすいものを猫の飼育環境に置かないようにしたり、おもちゃをそのままにしたりしないようにします。

猫の腸閉塞は、誤飲や病気などによって腸が詰まってしまう事でそのまま放置したり、見落としたりすると命に関わる病気です。
また、腸閉塞を引き起こすと、いつもは触らせるお腹を触らせなくなったり、排便行動をしているのにほとんど出なかったりといったことで疑う事ができます。
なので、いつもと様子が違うと感じた場合にはすぐに動物病院で診察を受けさせるようにする事が重要です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク