猫の白癬 ~皮膚糸状菌による脱毛などの症状。白癬の原因と症状~


猫の皮膚病の1つである白癬(はくせん)は、真菌の1つである皮膚糸状菌が皮膚にまで広がった状態をいいます。皮膚糸状菌は人でいうと水虫の原因となる細菌で、猫の場合は円形に脱毛をする事からリングワームとも呼ばれています。

掻痒感自体はそこまでないですが、脱毛が起こる事から飼い主や家族が気付く病気です。予防法もあるので、予防できる病気でもあるといえます。

今回は猫の白癬について紹介していきたいと思います。

猫の白癬の原因


白癬の原因は皮膚糸状菌に感染する事ですが、皮膚糸状菌は数多くあります。その中で猫に感染する皮膚糸状菌は、イヌ小胞子菌・石膏状小胞子菌・トリコフィトンメンタグロフィテスの3つといわれていますが、その中でイヌ小胞子菌が全体の98%を占めるといわれています。

それぞれの感染経路としては、イヌ小胞子菌は猫同士の接触、石膏状小胞子菌は地面をひっかくなど土壌との接触、そしてトリコフィトンメンタグロフィテスは野生動物との接触によって感染するといわれています。
その他にも野良犬や野良猫に触った飼い主が、手洗いをしないまま家の飼い猫を触ることでも感染する可能性というものがあります。

また、皮膚糸状菌に猫が感染しても免疫力が高い状態だと2か月ほどで自然治癒するといわれていますが、免疫力が低下している猫や仔猫、老猫の場合には発症してしまう危険性があります。免疫力の低下の原因としては、過密飼育などによるストレス、若齢、猫白血病ウイルス感染症や猫エイズウイルス感染症といった感染症、免疫力を落とす薬など考えられています。

白癬は、長毛種の方が発症率が高いといわれています。その理由は、長い被毛の方が皮膚糸状菌が付着しやすく、菌にとって繁殖がしやすい湿度を含みやすいというのが関係しているといわれています。特にベルシャでは、菌が皮膚の表層から深層へともぐりこんで結節を作る皮膚糸状菌偽菌腫という病変が認められる事があります。

猫の白癬の症状


白癬の症状としては、円形の脱毛・脱毛部の痂皮・脂漏症・爪の変形と炎症が認められています。円形の脱毛としては、顔や耳、四肢などに起こり、その周りにフケや痂皮(かひ:かさぶたのこと)が認められ、時には分厚い瘡蓋(かさぶた)を伴う丘疹(きゅうしん:1cm以下の皮膚の隆起)が認められる事もあります。

掻痒感の程度に関しては様々あるようですが、一般的には少ないといわれています。

猫の白癬の治療


白癬の治療法としては、病変が局所的な場合には外用薬や薬浴による局所治療が施されます。また、猫は人とは違って被毛に覆われているので、薬剤の効果をより高めるために病変部位の被毛を剃毛する事があります。
ただ、剃毛した被毛の処分を十分に行わないとその被毛が新しい感染源となる危険性もあるので、しっかりと不十分なく処分するようにしましょう。

病変が広範囲に拡大している場合には、殺菌効果のある内服薬の投与が施されます。
また、一般的には45日以上の経過観察が必要とされています。

猫の白癬の原因のほとんどを占めるイヌ小胞子菌はアメリカではワクチンが存在していますが、現在でも効果に賛否が分かれている状態です。

また、白癬を誘発するような他の病気に罹患している場合には、まずはその病気の治療が施されます。

飼い主や家族としてできる事としては、白癬に感染した動物から抜け落ちたフケや被毛を取り除くようにします。
また、表面が滑らかなものなら家庭用漂白剤で消毒し、カーペットなら掃除機で入念に感染源を吸い取るようにします。
白癬の原因のほとんどを占める犬小胞子菌は人にも感染するズーノーシスなので、人への感染を防ぐ意味でも徹底的に行うようにしましょう。

スポンサーリンク




猫の白癬の予防


白癬の予防は、既に感染している動物との接触を避ける事が1番の予防です。そのために、完全室内飼育に切り替える事が大切となります。
また、飼い主や家族は外で犬や猫に触った場合には帰ってきたら手指の消毒を行ってから猫に触るようにしましょう。

また、皮膚糸状菌が皮膚に付着しても24時間以内であれば石鹸などで洗い流す事で感染はほとんどないといわれていますが、皮膚から落ちたフケなどには数週間は残るといわれているので、頻繁な掃除をする事で常に清潔にしておくことが大切となります。

ストレスが免疫力を低下する事もあるので、できる限りストレスがかからないような飼育環境を整えてストレスがかからないようにしましょう。
また、免疫力が低下しないようにバランスの良い食餌と適度の運動を行うようにする事で免疫力が低下しないようにしましょう。

猫に円形の脱毛が起こったり、フケや瘡蓋がないかどうかをチェックして、異常があればすぐに動物病院で診察を受けるようにする事も大切です。

→洗濯物と一緒に入れるだけ!猫の抜け毛をしっかり除去するフリーランドリー

まとめ

1. 原因は、イヌ小胞子菌・石膏状小胞子菌・トリコフィトンメンタグロフィテスの皮膚氏糸状菌に感染する事です。また、免疫力が低下している猫や仔猫、老猫は感染しやすくなります。

2. 症状は、円形の脱毛・脱毛部の痂皮・脂漏症・爪の変形と炎症が認められています。

3. 治療は、病変が局所的な場合には外用薬や薬浴による局所治療が施されます。また、広範囲に病変が広がっている場合には内服薬の投与が施されます。

4. 予防は、既に感染している動物に近づかせない事と免疫力が低下したり、ストレスがかかり過ぎないようにする事が大切です。

猫の白癬は、皮膚糸状菌症に感染する事で発症するので、この信金に感染しないようにすれば感染は防ぐ事ができます。
また、猫の飼育環境を常にきれいにしておくことも大切です。

飼い主や家族は外で菌をもらい、それを愛猫に感染させる事を防ぐ為に帰ってきたら愛猫に触る前に手指の消毒を行う習慣をつけていきましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)