猫の喘息 ~発作的な呼吸困難や発咳が!喘息の原因と症状~


猫の喘息は、口から肺までをつなぐ気管支が突然収縮し、発作的な呼吸困難や発咳を発症する病気です。
また、喘息と似た症状を示す病気に気管支炎がありますが、気管支炎は症状が持続的に起こるのに対して喘息は症状が一時的で30分もすれば元の状態に戻ります。

直接、命の危険がある病気というわけではないですが、呼吸困難やチアノーゼを放置すると命に関わる事もあります。
また、猫自身が苦しそうですし、なにより一度治療しても再発する事があるので、障害治療を施さなければいけない病気でもあります。

今回は、猫の喘息について紹介していきたいと思います。

猫の喘息の原因


猫の喘息の原因としては、アレルギー性と非アレルギー性の2つがあります。

特に猫の場合はアレルギーが原因となる事が多いようです。
アレルギーは、一度体内に入ってきた異物に対して免疫機構が抗体をつくり、再び異物が入ってきた際に免疫機構が過剰に反応する事で起こる病気です。
その原因となるアレルゲンには、タバコの煙、暖炉の煙、化学薬品(塗料など)、掃除機から出た粉塵、ダニ、フケ、香水、肥料、殺虫剤、花粉など様々なものがあります。また、シャムでやや多いといわれています。

また、アレルギー以外にも原因があり、冷たい空気、煙や粉末の吸引、感染症、ストレスや不安、運動、薬などが原因でも発症するといわれていますが、どのように発症するかはわかっていません。

猫の喘息の症状


喘息の症状としては、呼吸困難・発咳・くしゃみ・空嘔吐・チアノーゼなどが認められます。
一般的には突然急に立ちどまり、嘔吐をするようにげーゲートしますが、何も出ないような行動をする事があります。

猫の喘息の診断

喘息は、臨床症状だけで喘息であることが疑われますが、似た症状で気管支炎もあるので身体検査、X線検査、血液検査、気管洗浄などの検査を行う事で診断を下します。

気管洗浄を行う事で喘息の原因の識別を行う事ができます。
細菌、アレルギー、カビ、腫瘍などの原因と特定する事で治療に役立てます。

スポンサーリンク




猫の喘息の治療


喘息の治療としては、症状を軽減する対症療法が施されます。
また、呼吸困難を発症している場合にはそのままでは命に関わる事もあるので緊急の酸素吸入が施されます。その他にも咳止め薬や気管支拡張薬の投与などが施されます。

アレルギーが原因の場合にはアレルゲンを特定して、それらを取り除く事が重要となります。ただ、猫の場合はアレルゲンを特定する事が難しいとされているので、飼い主や家族の手助けが必要となります。
猫が喘息を引き起こす前に接触したものを詳細に記録する事で、その中から共通項を見出す事でアレルゲンを絞り込んでいきます。

アレルギー以外の場合でも喘息が引き起こった直前の状況を細かく記録をとる事で、喘息を引き起こす原因を特定する事ができます。

喘息は治療を施しても再発をする危険性があり、多くの場合は生涯治療を施す必要があるので、しっかりと治療を施す必要があります。

猫の喘息の予防


飼い主や家族ができる対策としては、掃除や洗濯を行い、埃やダニの発生を抑える事が大切となります。
また、埃や花粉対策のために空気清浄機を使用したり、家にあるエアーフィルターをこまめに交換するようにします。

また、カビの発生を防ぐ為に除湿器を使用したり、ノミの予防を徹底的に行うようにします。
タバコの煙が原因となる場合もあるので、喫煙をする場合には猫がいない場所でしたり、気温の急激な変化や暖炉を開放にしておくことをできるだけ避けるようにします。

喘息の予防には、アレルゲンと他の刺激物質をできるだけ接触させないようにする事が重要となります。また、呼吸器疾患により喘息を起こしやすくなることがあるため、ワクチン接種をしっかりすることも重要となります。

まとめ

1. 原因は、アレルギーとアレルギー以外とがあります。アレルギーの場合はタバコの煙、暖炉の煙、化学薬品(塗料など)、掃除機から出た粉塵、ダニ、フケ、香水、肥料、殺虫剤、花粉など様々があり、アレルギー以外には冷たい空気、煙や粉末の吸引、感染症、ストレスや不安、運動、薬などが原因として考えられています。

2. 症状は、呼吸困難・発咳・くしゃみ・空嘔吐・チアノーゼなどが認められます。

3. 診断は、身体検査、X線検査、血液検査、気管洗浄などで行われます。

4. 治療は、症状を軽減する対症療法が施されます。喘息は治療を施しても再発をする危険性があり、多くの場合は生涯治療を施す必要があるので、しっかりと治療を施す必要があります。

5. 予防は、アレルゲンと他の刺激物質をできるだけ接触させないようにする事が重要となります。また、ワクチン接種をしっかりと施す事が重要となります。

猫の喘息は、呼吸困難や発咳、空嘔吐、チアノーゼなどの症状を発現する病気で、治療を施しても再発する病気なので、しっかりと治療を施す必要があります。

また、アレルゲンと他の刺激物質をできるだけ接触させないようにする事で予防する事ができるので、飼い主や家族としてはアレルゲンや刺激物質を猫の飼育環境から取り除くようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)