猫の流涙症 ~常に涙が分泌される眼疾患、流涙症の原因と治療法~


猫の流涙症(りゅうるいしょう)は、病気や涙腺の異常によって涙が常に分泌され続ける眼疾患の1つです。
常に涙が溢れ出ている状態のために目の周辺が汚れやすくなるので、清潔にしておかないと結膜炎を引き起こす事があります。

直接命に関わる事はありませんが、猫自身は不快感を常に感じてします病気なので、飼い主や家族としては不快感を取り除きたいと思いますよね。

今回は、猫の流涙症について紹介していきたいと思います。

猫の流涙症の原因


流涙症は、鼻涙管の閉塞が原因として考えられています。鼻涙管の閉塞には先天性と後天性の2つがあります。

また、他の原因としては角膜炎や結膜炎の影響で、一時的に涙の量が増えることもあり、目のまわりの筋肉の収縮力が弱まって涙を吸収する力が弱くなり、それが原因となることもあります。さらに刺激物や異物が目に入った事で一時的に涙が溢れ出てしまう事もあります。

涙を外に出すシステム自体には問題はなくても涙の生産量が多すぎてしまうと排出しきれずに目頭にたまってしまい、多くの場合は結膜が発赤をします。
涙の産生量を増やす要因としては、ゴミや毛など目の中の異物、眼瞼内反症による持続的な眼球への刺激、結膜炎、角膜炎、眼瞼炎といった目の炎症、眼輪筋の衰えによる瞬きの減少などが考えられています。

また、その逆で涙を外に排出するシステムに異常がある場合もあります。
この場合も輩出しきれない涙が目頭に溜まってしまいますが、結膜の発赤はなく白いママが多いようです。

この際の原因としては、鼻炎、副鼻腔炎による鼻涙管への圧迫、鼻腔や上顎骨周辺の腫瘍、涙嚢の炎症、涙小管の炎症、排水する穴が生まれつき閉じているなど先天的奇形などが考えられています。

猫種としては、ペルシャやヒマラヤンなどの短吻腫の場合は構造上、鼻涙管を押し潰してしまう為に涙が詰まりやすくなってしまいます。

猫の流涙症の症状


流涙症の症状は涙が溢れる事で結膜が発赤や腫脹を引き起こす事が多く、瞬きの回数が多くなったり、羞明(しゅうめい:明るい光を受けた時に不快感や眼の痛みを感じること)を引き起こしたりします。
放置しておくと目の下の被毛が茶褐色に変色したり、鼻の横に湿疹が起こり、それを擦ろうとする事もあります。

猫の流涙症の治療


流涙症の原因の1つでもある目に刺激を与えているものを取り除きます。被毛が目に入って刺激を与えている場合には目の周りの無駄な被毛をカットしたりして、眼球内の炎症を抑える治療を施します。

また、軽症の場合には投薬治療を施す事で改善される事もありますが、重傷化すると手術をする必要が出てきます。

手術としては、麻酔をかけ、カニューレと呼ばれる器具で洗浄し、目詰まりを改善します。
また、先天性の場合には人為的に穴を貫通させる事もあります。

スポンサーリンク





外科手術の1つの方法として2015年にアメリカのUCデイヴィス校付属動物病院が鼻涙管ステント留置術という術式を開発しました。
といっても犬や馬などでは行われていた術式ですが、医療器具の小型化が起こった事で犬よりも小さい猫でも施す事ができるようになった治療法です。

この治療法は、ステントと呼ばれる金属製のチューブを鼻涙管に設置医師、閉塞していた涙を排出するシステムを半永久的に回復するというものです。
ただ、この治療法にはデメリットも存在しています。
まずは、検査と治療には必ず全身麻酔が必要であること、2か月はエリザベスカラーの着用が必要なこと、専門性が高いので施術できる動物病院が限られていること、再発する危険性が0%ではないことなどがあるといわれています。

他の病気が原因となっている場合には、まずはその病気の治療を施します。
感染により発症しているときは、軟膏や点眼薬、または経口薬により抗生物質の投与が施されます。

猫の流涙症の予防


流涙症に明確な予防法はなく、異常を確認したらすぐに動物病院で診察を受けるようにするくらいしかありません。
なので、常日頃から飼い主や家族は愛猫に異常がないかを観察する事が大切です。

また、目の周りの無駄な被毛をカットしたりする事で目の周りは常に清潔にしておくように心がけましょう。

まとめ

1. 原因は、鼻涙管の閉塞が原因として考えられています。また、ゴミや毛など目の中の異物、眼瞼内反症による持続的な眼球への刺激、結膜炎、角膜炎、眼瞼炎といった目の炎症、眼輪筋の衰えによる瞬きの減少なども原因として考えられています。

2. 症状は、涙が溢れる事で結膜が発赤や腫脹を引き起こす事が多く、瞬きの回数が多くなったり、羞明を引き起こしたりします。

3. 治療は、投薬治療によって改善する場合もあれば、外科手術が必要となる事もあります。また、他の病気が原因の場合にはその治療が施されます。

4. 予防は、効果的なものはなく、飼い主や家族が愛猫に異常がないかをチェックする事が大切となります。

猫の流涙症は、様々な原因で涙を排出するシステムや涙を産生するシステムに異常が起こったり、鼻涙管が先天的若しくは後天的に詰まった事が原因で涙が溢れ出てしまう病気です。

飼い主や家族は目の周りの被毛の変色で気づく事が多いようですが、放置すると結膜炎を引き起こす事もあるので、被毛の変色に気づいた場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)