猫のアレルギー性皮膚炎 ~ノミアレルギーや食餌性アレルギーなどによるアレルギー性皮膚炎の原因と症状~


猫のアレルギー性皮膚炎は、アレルギー反応として起こる皮膚炎の事で、アレルギー反応は様々な原因で起こりますが、猫では主にノミアレルギーや食餌性アレルギーが認められています。

命に直接関係がある病気ではありませんが、強い掻痒感(そうようかん)が発現する為に猫は痒がってしまいます。飼い主や家族としてはかわいそうであり、できる限り回避してあげたいと思いますよね。

今回は、猫のアレルギー性皮膚炎について紹介していきたいと思います。

猫のアレルギー性皮膚炎の原因


アレルギーはアレルゲンが1度目に入った場合には起こらず、その際に抗体ができます。この抗体が2度目に侵入すると過剰に反応してしまい、アレルギー反応を起こしてしまいます。
そして、このアレルギー反応として皮膚炎が起こる事をアレルギー性皮膚炎といいます。

アレルギー性皮膚炎の原因となるアレルゲンは、ノミやダニ、食べ物、金属やプラスチック、カーペット、花粉やハウスダウトなど様々なものが考えられています。
また、これらのアレルゲンが全ての猫で同じというわけではなく、個体によって変わってきます。

猫のアレルギー性皮膚炎の症状


アレルギー性皮膚炎を発症すると、最も発現する症状は掻痒感です。また、掻痒感に伴って発疹や脱毛が目の周りや背中などに発現します。

さらに掻痒感から猫自身が頻りに掻いたり、舐めたりする事で炎症が悪化してしまう事があります。
また、原因となるアレルゲンによっても症状は変わってきます。

食べ物が原因の場合はアレルゲンとなる食べ物を食べた後に皮膚に掻痒感と発疹や脱毛などが認められ、ノミが原因の場合には腰からお尻にかけて酷い掻痒感や脱毛を伴う皮膚炎が起こります。

スポンサーリンク




猫のアレルギー性皮膚炎の治療


アレルギーは、原因となるアレルゲンを取り除けば症状が改善するので、治療を施す前にはアレルゲンが何であるかを特定する必要があります。
ただ、猫の場合は人や犬とは違ってアレルゲンの特定が難しいといわれています。

なので、治療は対症療法が施される事が多いようです。
治療としては、アレルギー症状に応じてステロイド剤や抗ヒスタミン剤の投与が施されますが、抗ヒスタミン剤に関してはあまり効果が期待できないといわれているので、ステロイド剤を投与する事が多いようです。

また、食べ物が原因の場合には、原因となるアレルゲンを取り除いた食餌や食餌性アレルギーのアレルゲンとなる危険性が非常に少ない食材を使用した食餌などを活用した食餌療法が施され、掻痒感や炎症の緩和を目指していく事もあります。

アレルギーの治療法として減感作療法という治療法が施される事もあります。
この治療法は、アレルゲンをゆっくりと体内に入れて体に慣らしてしまおうとする治療法ですが、時間もかかる上に治療費も高くなる治療法です。

また、減感作療法は成功率も50%程度で、アレルゲンを特定しなければ施す事ができず、仮にアレルゲンを特定して施しても中にはアナフィラキシーショックを引き起こして死亡する危険瀬尾もあり、一般的な治療法ではありません。

猫のアレルギー性皮膚炎の予防

アレルギー性皮膚炎の予防としては、猫の生活環境下にアレルゲンを置かないようにしたり、アレルゲンとなる食材を使用していないキャットフードに切り替えたり、アレルゲンとなる食材を食べさせないようにする事で予防できます。

また、ノミやダニの駆除を確実に行ったり、猫の飼育環境を含めて頻繁に清掃をして常に清潔にしておくことも大切です。

まとめ

1. 原因は、ノミやダニ、食べ物、金属やプラスチック、カーペット、花粉やハウスダウトなど様々なものが考えられています。

2. 症状は、最も発現する症状は掻痒感です。また、掻痒感に伴って発疹や脱毛が目の周りや背中などに発現します。

3. 治療は、治療としては、アレルギー症状に応じてステロイド剤や抗ヒスタミン剤の投与が施されます。また、食べ物が原因の場合には、原因となるアレルゲンを取り除いた食餌や食餌性アレルギーのアレルゲンとなる危険性が非常に少ない食材を使用した食餌などを活用した食餌療法が施され、掻痒感や炎症の緩和を目指していく事もあります。

4. 予防は、猫の生活環境下にアレルゲンを置かないようにしたり、アレルゲンとなる食材を使用していないキャットフードに切り替えたり、アレルゲンとなる食材を食べさせないようにする事で予防できます。

猫のアレルギー性皮膚炎は、掻痒感が最も発現する症状で飼い主や家族としては気づき易い病気でもあります。
また、アレルゲンとなるものを取り除けば改善する事も予防する事もできる病気です。

なので、アレルゲンとなるものである埃やハウスダスト、ノミやダニを取り除くために猫の生活環境下を常に清潔にしておくようにしましょう。

また、猫の状態を常に観察して、いつもより痒がっていたり、皮膚に炎症が確認された場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク