猫の白血病ウイルス感染症 ~免疫力を低下させるので肺炎や敗血症の原因にも!原因と症状~


猫の白血病ウイルス感染症は、レトロウイルス科に属する猫白血病ウイルスによる感染症で、白血病やリンパ腫などだけでなく、猫の免疫力を低下させるので肺炎や敗血症、歯肉炎、口内炎などを引き起こす誘因となります。

また、仔猫が感染した場合は発症しやすく、死亡率も高い病気なので注意が必要な病気といえます。更に仔猫は母猫から感染する事もあります。
今回は、猫の白血病ウイルス感染症について紹介していきたいと思います。

猫の白血病ウイルス感染症の原因


猫白血病ウイルス感染症は、猫白血病ウイルスに感染する事で発症します。
猫白血病ウイルスは、FeLVとも呼ばれるレトロウイルス(C型)に属するウイルスで、C型のレトロウイルスの多くはがん遺伝子を持つことが明らかになっています。
FeLVもがん遺伝子を持っていて、感染すると血液リンパ系細胞の腫瘍化が起こります。

猫白血病ウイルス感染症の感染経路は水平感染(接触や飲食物、空気などを介して個体から個体へと感染すること)と垂直感染(病原体が親から子へ伝播する感染)といわれ、人や犬などには感染する事はありません。また、垂直感染なので母猫から仔猫への感染が起こるので、仔猫を家に迎える前に母猫が感染していないかどうかや繁殖をする場合には母猫が感染していないことを確認してから行うようにしましょう。

また、感染猫の唾液中には多量のウイルスの存在する事が明らかにされていて、闘争による咬傷、グルーミング或いは食器の共有などでも感染します。
なので、多頭飼育をしている場合には感染の危険性が高い傾向です。また、仔猫の感受性は高く、感染した母猫から生まれた仔猫全てが感染していたという報告もあります。

猫白血病ウイルス感染症は、白血病並びに顆粒球性或いは単球性白血病などの骨髄性白血病、リンパ球性白血病並びにリンパ肉腫などの血液リンパ系細胞の腫瘍を引き起こし、流産や不妊症の原因にもなります。

猫の白血病ウイルス感染症の症状


猫白血病ウイルス感染症は、発症した病気の種類によっても変わってきます。また、特異的な症状はなく、症状だけでは診断を下せるわけではありません。

一般的には、食欲不振或いは廃絶、元気消失或いは体重減少などが共通して認められます。

また、肉腫や白血病を発症した場合には、発熱・リンパ節腫大・脾臓腫大・下痢・貧血や紫斑などの症状が認められます。

猫白血病ウイルス感染症は、急性と慢性があります。
感染後1か月後くらいに急性の場合は発症し、食欲不振、体重減少、貧血、下痢、発熱、脱水、鼻水、口内炎、リンパ節の腫れなどの症状が発現します。
また、急性の場合は自然治癒する事もあります。

急性期後に1~2年ほど潜伏期があり、再び活性化してリンパ腫、腎臓病、慢性口内炎、再生不良性貧血、白血球減少症などの症状が発現します。

スポンサーリンク




猫の白血病ウイルス感染症の治療


猫白血病ウイルス感染症は血液検査で簡単に検査する事ができます。また、猫免疫不全ウイルスと同時に感染が起こる事があるので、双方検査する事が無難です。

肉腫や白血病を発症した場合には、抗癌剤などによる化学療法、口内炎などについては対症療法が施されますが、決定的な治療法はありません。

また、貧血を起こす事があり、貧血がひどい場合には輸血を施して体力の回復を図り、白血球が急減していれば、二次的な細菌感染を防ぐために抗生物質の投与が施されます。

急性期の場合には、猫用インターフェロンを投与しながら猫の免疫力を少しでも高めていき、 自然治癒を目指していきます。

慢性猫白血病ウイルス感染症を引き起こした場合には、放置すれば1~2か月で死亡してしまいますが、適切な抗がん剤を投与したり化学療法を施せば、半年~2年ほど余命を伸ばすことができるといわれています。

猫の白血病ウイルス感染症の予防


猫白血病ウイルス感染症はワクチンが存在するので、ワクチンによる予防する事ができます。

また、多頭飼育していて1頭が感染した場合には、感染猫と隔離するようにします。
外に出る猫の場合は、外で感染する危険性があるので完全室内飼育にする事で少なくとも外でウイルスに感染する事を防ぐ事ができます。

猫の体内にウイルスが存在して症状が発現していないキャリアーでも十分な栄養と快適な生活環境を実践する事で免疫力を高く維持していれば発症を抑える事もできます。
なので、バランスのいい食餌と適度の運動、猫にストレスがかからない生活鏡を整えてあげましょう。

まとめ

1. 原因は、猫白血病ウイルスに感染する事で発症します。また、母猫からの感染や闘争による咬傷、グルーミング或いは食器の共有などで感染します。

2. 症状は、食欲不振或いは廃絶、元気消失或いは体重減少など認められます。

3. 治療は、肉腫や白血病を発症した場合には、抗癌剤などによる化学療法、口内炎などについては対症療法が施されます。

4. 予防は、ワクチン接種や完全室内飼育にする事で予防ができます。

猫白血病ウイルス感染症は、命に関わる病気です。なので、ワクチン接種を定期的にしたり、外で感染しないように完全室内飼育にする事で感染を予防しましょう。

症状が得意的なものがないので、他の病気と貫違う事もあるので、いつもと違う場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

また、免疫力が低下しないようにする事も大切です。バランスのいい食餌と適度の運動によって免疫力が低下しないようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク