猫の気管支炎 ~呼吸が苦しく猫にはかなりの負担…。気管支炎の原因と予防~


気管支は、気管から枝分かれした部分です。気管は、喉と肺を結ぶ管のような器官でC型の軟骨が連なって首の動きに合わせて柔軟に変形するようにできている器官です。
また、この気管支に炎症が生じた状態が気管支炎で、呼吸がしづらくなります。

今回は、気管支炎の原因と予防について紹介していきたいと思います。

猫の気管支炎の原因


気管支炎は、通常は単独の原因で発症することは少なく、いくつかの原因が重なる事で発症します。多くの場合では、ウイルス感染に二次的に細菌感染して発症します。

原因としては、ウイルス性・細菌性・真菌性・クラミジア、マイコプラズマ、回虫や鉤虫の幼虫の体内移行、トキソプラズマやフィラリアなどによる寄生虫性などがあります。
また、ウイルス性としてはヘルペスウイルス、カリシウイルス、レオウイルス、コロナウイルスがあり、細菌性としてはブドウ球菌、レンサ球菌、大腸菌、結核菌、パスツレラ、真菌性としてはクリプトコックス、カンジダ、アスペルギルスがあります。

また、埃、刺激性ガスの吸引、夏季の室内でのエアコン使用による急激な温度低下、冬季のこたつの中での温度・湿度など物理化学的要因によっても引き起こされます。

気管支炎は、急性と慢性に分類され、急性気管支炎は年齢に問わずに発症しますが、慢性気管支炎は壮齢~老齢の猫に多発する傾向があります。

猫の気管支炎の症状


気管支炎の症状としては一般的には発咳が認められ、鼻水や涙が流れるといった症状も伴って発現しますが、発咳ははっきりとは認められず、時として嘔吐をしていると勘違いをしてしまう場合もあります。

また、食欲不振や元気消失、呼吸困難、運動不耐性、失神なども症状として発現します。

気管支炎は肺炎も発症する事もあり、呼吸速迫になったり、呼吸困難で起立したり、動く事ができなくなるなど症状が重くなることが多いといわれます。

気管支炎の症状が2か月以上持続した場合には、慢性気管支炎と呼ばれるようになります。
また、慢性気管支炎では急激な症状の変化が起こらない為に飼い主や家族が異常に気付かない事もあります。

スポンサーリンク




猫の気管支炎の治療


気管支炎は様々な原因で発症する為に診断をするためには、猫の飼育環境、年齢、既往歴、ワクチン接種歴、他の動物との接触の有無、地理的因子、薬物投与の有無、併発する疾患の存在、ストレスの有無などの情報が大切です。
なので、愛猫が発咳などの症状が認められた場合にはこういった情報をメモするなどして動物病院に連れて行った際に獣医師に情報を開示するようにしましょう。

治療としては、別の病気が原因によって気管支炎が発症している場合にはまずはそれらの病気の治療が施されます。

また、気管支炎の原因を取り除くよりも酸素吸入、咳止め薬や気管支拡張薬の投与などの症状の軽減を目的とした対症療法が施されます。

気管支炎の原因として毒物の摂取や誤飲によって引き起こされた場合には、再発を予防する目的で生活環境を改善するようにする事も治療の1つです。
また、肥満は症状を悪化させる原因なので、適正体重にする事も大切です。

気管支炎の治療中には、栄養補給を十分に行い、暖かい部屋で安静にする事も治療には重要となります。

猫の気管支炎の予防


予防はとしては、猫ウイルス性呼吸器感染症などの原因となるネコヘルペスウイルスやネコカリシウイルスといったウイルスの感染を防ぐため定期的にワクチン接種を行う事が大切となります。

また、気管支炎は室内飼育の猫よりも室外飼育や外に出る機会がある猫の方が発症が多いので、完全室内飼育にする事で予防することができます。
アレルギー物質やホコリの吸引を避けるため、常に清潔な飼育環境を維持するように心がける事も大切です。

まとめ

1. 原因は、ウイルス性・細菌性・真菌性・クラミジア、マイコプラズマ、回虫や鉤虫の幼虫の体内移行、トキソプラズマやフィラリアなどによる寄生虫性などがあります。

2. 症状は、一般的には発咳が認められ、鼻水や涙が流れるといった症状も伴って発現しますが、発咳ははっきりとは認められず、時として嘔吐をしていると勘違いをしてしまう場合もあります。また、食欲不振や元気消失、呼吸困難、運動不耐性、失神なども症状として発現します。

3. 治療は、別の病気が原因によって気管支炎が発症している場合にはまずはそれらの病気の治療が施されます。また、酸素吸入、咳止め薬や気管支拡張薬の投与などの症状の軽減を目的とした対症療法も施されます。

4. 予防は、完全室内飼育にしたり、ワクチン接種を定期的に行ったりする事で予防することができます。

猫の気管支炎は、空気の通り道である場所に炎症が発現してしまう為に呼吸し辛くなってしまいます。
なので、気管支炎になると猫には大きな負担となります。

また、気管支炎になると発咳が認められるようになりますが、発咳がはっきりとはしていないので見落としやすい病気です。
なので、愛猫の様子を常に注意深く観察して、異常が確認された場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)