猫の口内炎 ~再発しやすく慢性化することも。口内炎の原因と症状~


口内炎は、口の中に炎症が起こる状態で口腔粘膜、舌、歯肉といった口内全体に炎症が及んでいる事が多く、一度治療しても再発しやすく慢性化する場合が多い病気です。

また、口内炎は、系統性口内炎と潰瘍性口内炎に分類されます。

今回は、猫の口内炎について紹介していきたいと思います。

猫の口内炎の原因


口内炎は、系統性口内炎(けいとうせい-)と潰瘍性口内炎(かいようせい-)に分類され、系統性口内炎は他の病気の1つの症状として発症する一時的な口内炎です。
潰瘍性口内炎は、潰瘍を伴って発症し、原因不明な口内炎です。

口内炎の原因となる事としては、口内外傷、薬物や毒物の刺激、歯肉炎に伴う細菌や真菌感染、腫瘍、ウイルス感染、栄養障害が考えられています。
また、猫免疫不全ウイルス( FIV)感染症、猫白血病ウイルス(FeLV)感染症などの病気によって抵抗力が低下した結果、口内炎を発症する事もあります。

系統性口内炎の場合には、これらの原因以外にも猫ウイルス性鼻気管炎、猫エイズウイルス感染症や猫白血病ウイルス感染症、糖尿病やビタミンの欠乏、腎臓病、抗生物質による長期の治療などが原因である。その他、疲労や栄養不足、何らかの病気による免疫力の低下と細菌感染(スピロヘータや紡錘菌)が複合して発症することがあります。

潰瘍性口内炎は、代謝異常、栄養不良、免疫の乱れ、感染症など様々な可能性が考えられていますが、よく分かっていません。
ただ、歯周病から口内辺へと進行する事が多い傾向です。
また、アビシニアン、ペルシャ、ヒマラヤン、バーミーズ、シャム、ソマリに多いとされています。

猫の口内炎の症状


口内炎を発症しても抗菌作用や洗浄作用がある唾液が口の中にはあるので、その作用によって自然治癒する事が多い病気ですが、一度発症すると再発する事が多い病気でもあります。

また、炎症は、口腔粘膜、舌、歯肉の喉の部位で起こってもいずれは口腔内全体に広がっていき、口腔粘膜炎、舌炎、歯肉炎などを併発する事が多い傾向にあります。

口内炎を発症すると炎症によって口腔内が知覚過敏となり、疼痛の為に口の周りや首、頬などを触られる事を嫌がるようになります。
また、知覚過敏や疼痛により食欲不振となり、咀嚼したり、飲み込んだりする事も妨げられる為に次第に痩せていきます。さらによだれを出すようになることで口の周りが汚れてきたり、口臭が臭くなることもあります。

食べる事もできなくなり、水や唾液を飲み込む事ができなくなるために衰弱していき、脱水症状、低酸素症、腎不全や肝不全などを引き起こす事で死亡してしまう事もあります。

スポンサーリンク




猫の口内炎の治療


口内炎の治療としては、口腔内を清潔に保つ事が重要となりますが、猫の場合は口腔内を清潔に保つ事が難しいので自然治癒は難しいとされています。

治療法としては、歯石の除去、抗生物質や抗炎症剤の全身投与及び口腔炎用の口内塗布剤の局所投与が施されます。
また、治療期間中は自傷を避けるためにカラーを装着させて係留して飼育したり、ケージ内で飼育するようにします。

また、食餌も柔らかい消化の良い食事を与えるようにします。

口内炎は再発する事が多い為に、炎症が改善されたからといって治療を止めずにしっかりと完治するまで行うようにしましょう。

口腔内の治療として抜歯という治療法もあります。この治療法は、口内炎で施される治療法の中で最も効果がある治療法とされ、重症の場合には施されます。

また、症状によってはレーザー治療が施される場合もあります。

猫の口内炎の予防


口内炎の予防としては、歯石や歯垢が付着しないようにする為にできるだけ硬い食餌を食べさせるようにしたり、専用の療法食を使用したりします。
また、年に1~2回ほど歯垢や歯石の除去、口腔内の定期検査を受ける事も大切です。

食餌量が変化したり、食べにくそうにしていたり、食べられないようにしていたりした場合にはすぐに動物病院で診察をさせるようにします。

また、ウイルス感染症が原因となる場合もあるので、ワクチン接種を行ったり、バランスが良い食餌と適度の運動を行う事で感染症などの病気になりにくい体をつくる事が大切です。

まとめ

1. 原因は、口内外傷、薬物や毒物の刺激、歯肉炎に伴う細菌や真菌感染、腫瘍、ウイルス感染、栄養障害が考えられています。

2. 症状は、口腔内が知覚過敏となり、疼痛の為に口の周りや首、頬などを触られる事を嫌がるようになります。また、知覚過敏や疼痛により食欲不振となり、咀嚼したり、飲み込んだりする事も妨げられる為に次第に痩せていきます。

3. 治療は、歯石の除去、抗生物質や抗炎症剤の全身投与及び口腔炎用の口内塗布剤の局所投与が施されます。

4. 予防は、硬い食餌を食べさせたり、ワクチン接種を行ったり、バランスが良い食餌と適度の運動を行う事が大切です。

猫の口内炎は、食餌が食べられなくなったり、水や唾液すら飲み込む事ができなくなることから衰弱して、最悪の場合は死亡してしまう病気です。
また、口内炎は再発する事が多い為にしっかりと治療する事が大切です。

口内炎は予防する事ができる病気で、硬い食餌を食べる事で歯垢や歯石が付きにくくなったり、ワクチン接種やバランスが良い食餌と適度の運動を行う事で、感染症などにかかりにくい体作りをする事も大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク