猫の脱臼 ~交通事故や落下事故、あるいは先天性の病気など、脱臼の原因と症状、対策~


猫は、運動能力が高く、ある程度の高い場所から飛び降りても怪我をせずにすみますが、案外脱臼が多い動物です。
また、猫では脱臼に伴って骨折が伴っている事が多い傾向です。

今回は、猫の脱臼について紹介していきたいと思います。

猫の脱臼とは?

脱臼は、関節が外れる状態をいいます。関節端の骨同士が正常な位置から正常な位置ではない場所に外れる事で発症します。

また、脱臼はその程度によって完全脱臼・不完全脱臼または亜脱臼と呼ばれます。更に原因も先天性と後天性の2つに分類されます。

猫の脱臼の原因


脱臼の原因としては、転倒、衝突、交通事故、落下、急な方向転換、ドアにはさまれた、人に踏まれた、先天的な関節の形成異常などがあり、交通事故後の股関節や尻尾でよく起こるとされています。

また、猫は交通事故などの外傷性の脱臼が起こりやすい傾向にあります。
交通事故の場合には骨折を伴っている事があり、さらに複数個所に渡る事があります。特に多い骨折としては肢の骨折、助骨、脊椎、骨盤の骨折が認められます。

また、交通事故だけでなく、マンションなどの高層住宅から落下した場合には肘関節の脱臼が多発し、下顎骨軟骨結合部の断裂を伴う事があります。

猫の脱臼の症状


猫が脱臼すると、脱臼した関節が変形したり、肢を引きずったり、肢の長さが左右で変わったり、尻尾で脱臼が起こると排泄を上手にコントロールができなくなります。

また、交通事故や落下事故の場合には、体全体に強い衝撃を受けている為に神経や内臓までダメージを受けている危険性があります。ダメージが大きすぎると命の危険性もあります。

スポンサーリンク




猫の脱臼の対処法

猫が脱臼をした場合には脱臼をした場所の神経や血管を傷つけないようにできるだけ動かさないようにする事が大切です。
また、飼い主や家族としてはタオルなどで包み、患部を動かさないようにして動物病院まで運ぶようにする事も大切です。

猫の脱臼の治療


脱臼した部位を元に戻す「整復(せいふく)」をする事が脱臼の治療として大切です。
また、軽症の場合はその場で戻す事ができますが、整復をする際には疼痛を伴う為に猫が暴れてしまうので通常は全身麻酔で施されます。

また、骨折や靭帯の断裂を伴っている場合には、外科手術によって治療が施されます。
手術後には患部を数日~数週間、安静にする事が必要となります。ただ、必ずしも入院が必要ではなく、家に戻る事ができます。その際にはケージなどに入れて動けないようにして安静にしておくようにしましょう。

尻尾が脱臼した場合には、尻尾の中に通っている尾骨神経を経由して骨盤神経、陰部神経、下腹神経といった他の神経が障害を受ける場合があり、その結果、排尿・排便困難を生じる事があります。
その際には、カテーテルを挿入して排尿を補助したり、軟便材の注入をして排便を補助して排泄の補助を行います。

猫の脱臼の予防


脱臼は基本的に交通事故が原因であるために、室内飼育の猫よりも室外飼育の猫や外に出る機会がある猫の方が脱臼を引き起こしやすいので、脱臼の予防としては完全室内飼育に切り替えるというものがあります。

また、マンションなどの高層住宅で飼育する場合にはベランダや窓から落下しないように開けっぱなしにしないようにする事も大切です。

猫同士の喧嘩でも脱臼を引き起こす事があります。その際の大きな原因としてはメスを巡っての喧嘩の場合が多いので避妊や去勢手術を受けさせるようにして余計な喧嘩をしないようにしましょう。

また、肥満体形の猫の場合は人でもそうですが、関節に余計に負担をかけてしまい、それが原因となって脱臼する事もあるので、適正体重を維持するようにしましょう。
適正体重を維持する為にはバランスが良い食餌と共に適度の運動が必要です。ただ、運動をさせる場合に外に出す場合には交通事故に遭わないように目を離さないようにしましょう。

まとめ

1. 脱臼とは、関節が外れる状態をいいます。関節端の骨同士が正常な位置から正常な位置ではない場所に外れる事で発症します。

2. 原因は、転倒、衝突、交通事故、落下、急な方向転換、ドアにはさまれた、人に踏まれた、先天的な関節の形成異常などが考えられています。

3. 症状は、脱臼した関節が変形したり、肢を引きずったり、肢の長さが左右で変わったり、尻尾で脱臼が起こると排泄を上手にコントロールができなくなります。

4. 対処法は、できる限り動かさないようにして動物病院に連れていき、治療を受けるようにしましょう。

5. 治療は、全身麻酔下において整復が施されます。また、骨折や靭帯断裂を引き起こしている場合にはその治療も施されます。

6. 予防は、完全室内飼育にしたり、ベランダに出られないようにしたりする事で予防できます。

猫の脱臼は、交通事故や落下事故が多い為に飼い主や家族が気を付けていれば防ぐ事ができる病気です。
また、万が一脱臼を起こした場合には慌てずにタオルなどで包み、動物病院で治療を受けるようにしましょう。くれぐれも飼い主や家族自らが整復をしようとはせず、整復は獣医師に任せるようにしましょう。

関節に負担をかけないようにする為に適正体重を維持する事を心がけましょう。特に完全室内飼育の場合には運動不足になりがちなので、適度に運動をさせたり、遊びながら運動をさせるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)