猫の膀胱炎 ~泌尿器系の病気の中では最も認められる病気!膀胱炎の原因と症状~


猫の膀胱炎(ぼうこうえん)は、猫の泌尿器系の病気の中では最も認められる病気です。また、症状が結石症や猫泌尿器症候群と似ている為に症状だけで識別は難しいといわれている病気でもあります。

様々な原因で膀胱炎は発症して、頻尿や腹部膨満、腹部を触ると痛がったりなどの症状が認められる病気です。命に関わる事はありませんが、予防ができる病気なのでしっかりと予防する事が大切な病気です。

今回は、猫の膀胱炎の原因と症状について紹介していきたいと思います。

猫の膀胱炎の原因


膀胱は、腎臓から尿管を通じて尿が送られて、一時的に溜めておく袋状の臓器で、一定量が溜まると尿道へと送られて体外に排出されます。
膀胱炎はこの膀胱で炎症が生じる病気で、本来は尿道から細菌や真菌などが侵入して発症します。また、原因となる細菌は糞便に由来する細菌が多く、極稀に寄生虫が原因となる場合もあります。

原因となる細菌としては、大腸菌・ブドウ球菌・レンサ球菌・パスツレラ菌などがあります。
ただ、猫の尿は基本的に濃度が高く、膀胱内で細菌が繁殖する事が難しい為に犬と比較すると細菌が原因の膀胱炎は少ない傾向にあります。
また、何らかの原因で結石ができ、それが膀胱を傷つけてしまう事で細菌が繁殖する場合もあります。

細菌や真菌などの感染症が原因となる膀胱炎はメス猫で多く、結石が原因となる膀胱炎はオス猫で多いとされています。

細菌や真菌感染もなく、結石もできていないにもかかわらず膀胱炎を発症する場合もあり、突発性膀胱炎といわれます。
この突発性膀胱炎は、比較的若い猫に多く認められ、自然治癒と再発を繰り返します。その原因としては、肥満、飲水不足、寒さ、ストレスによるものであると考えられています。

スポンサーリンク




猫の膀胱炎の症状

膀胱炎の症状としては、初めは尿の回数が増加しますが、その割に尿量は増加していない頻尿が起こる事で飼い主や家族が気付く事が多いようです。また、次第にトイレの場所以外でトイレをするようになったり、背中を曲げたり、大声で鳴いたりします。

また、お腹を触ると痛がったり、時に排尿困難が引き起こされて腹部が膨れてきます。
尿の色も変化をします。尿が白濁したり、赤色になったりします。

猫の膀胱炎の診断


膀胱炎の臨床症状は結石症や猫泌尿器症候群と似ているために、臨床症状から判断する事は難しいので、尿検査やX線検査、超音波検査によって診断されます。

膀胱炎になると、尿のpHが上昇し、タンパクが陽性を呈する事が多くなります。また、尿道閉塞を伴う場合にはX線検査により膀胱の拡張や結石を認められます。
超音波検査では、膀胱壁の肥厚或いは膀胱内の腫瘍やフィブリン塊、ポリープなどが確認できます。

猫の膀胱炎の治療


膀胱炎の治療は原因によって異なります。
細菌や真菌など感染が原因の場合は、抗生物質や抗真菌剤の投与が施されます。また、尿結晶や尿結石が原因の場合は、外科手術で除去したり、排泄を促すための膀胱洗浄が施されます。
結石の種類によっては内科的治療によって治療する事もできます。

猫の膀胱炎の予防


膀胱炎の予防は、飲水量を増やす事が大切です。飲水量の増加は飲水の容器を1か所に置くのではなく、家の中の数か所に置いたり、水入れの大きさを大きくしたりする事によって飲水量を増やす事ができます。

また、猫はトイレが汚れているとトイレを我慢してしまう為、常にトイレを清潔にしたり、猫がトイレをしやすいようにする事も膀胱炎を予防する為には大切です。

肥満も膀胱炎の原因として考えられているために、栄養バランスのとれた良質のフードを与えることも予防となります。

膀胱炎に愛猫がなった場合にはすぐに動物病院での診察を受ける事も大切なので、常日頃からトイレの状態を確認する事も大切な膀胱炎の予防です。

まとめ

1. 原因は、細菌や真菌などの感染、結石、肥満、飲水不足、寒さ、ストレスなどが考えられます。

2. 症状は、初めは頻尿が起こり、次第にトイレの場所以外でトイレをするようになったり、背中を曲げたり、大声で鳴いたりします。

3. 診断は、尿検査やX線検査、超音波検査によって診断されます。

4. 治療は、細菌や真菌など感染が原因の場合は抗生物質や抗真菌剤の投与が施されます。また、尿結晶や尿結石が原因の場合は外科手術で除去したり、排泄を促すための膀胱洗浄が施されます。

5. 予防は、飲水量を増加させたり、トイレを我慢しないようにする為にトイレを常にきれいにしてトイレをしやすいようにする事が大切です。

猫の膀胱炎は、細菌や真菌、結石、肥満、飲水不足、寒さ、ストレスなど様々な原因によって発症する泌尿器系の病気です。
原因となる細菌は糞便由来が多いので、ウンチをしたらできるだけ早く片付けるようにするようにしましょう。

膀胱炎を予防する為には、飲水量を増やしたり、肥満にならないようにしたり、猫にできるだけストレスがかからないようにする事が大切です。
また、細菌や真菌に感染しないように猫の飼育環境は常に清潔にしておくことも大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク