猫との別れ・悲しみ・ペットロス ~愛猫を亡くした悲しみからの回復と対策~


飼い主や家族として愛猫が亡くなることほど悲しい事はありませんね。

その悲しみを感じる事こそペットロスと呼ばれるもので、ひどくなると一般生活にも影響が出る場合があります。

今回は、ペットロスとその対策について紹介していきたいと思います。

猫のペットロスとは


ペットロスとは飼育していた猫を失った後に感じる悲しみの事で、ひどい場合には鬱病、不眠、情緒不安定、疲労や虚脱感・無気力、眩暈、摂食障害、精神病様症状といった症状を発現する事があり、通常の生活にも悪影響を与える事があります。

ペットロスがひどくなる場合としては、過去に身近な人の死を経験していない場合や逆に多くの死を経験している事で悲しみのコントロールができなくなった場合とがあります。

また、周囲の支えがない場合や周囲の支えがいても飼い主や家族の心情を理解していない言動などがあるとペットロスはひどくなりやすくなります。

また、ペットロスにはいくつかの段階があり、回復するまでは基本的にこの経過を辿ります。

悲しみのプロセス


ペットロスに陥った場合には、初期・中期・最終の3つの段階を辿って回復していきます。

悲しみのプロセス初期段階

初期段階としては、愛猫が亡くなったという事を認めようとしない拒否が起こります。この段階ではどんなにおかしくても愛猫がなくなってはいないという理由を探して来ようとします。

そして、初期段階には愛猫を担当した獣医師や動物病院に対して怒りを持ったり、自分自身へ怒りを持ったりします。

適切な処置をしなかったために愛猫は死んでしまったのではないか、最も愛猫の為にできる事はあったのではないかという怒りが芽生えてくる時期です。

この初期段階を越えると中期段階へと移行します。

悲しみのプロセス中期段階

中期段階では、悲しみを克服する為に愛猫を生き返らしてほしいといった神頼みに近い事をおこす事もあります。

また、無気力状態に陥る事もあるのが中期段階の特徴です。

悲しみが大きすぎる為に自分ではコントロールができずに、全ての事に対して無気力状態になり、今まで夢中だったことまで興味をなくしてしまう状態です。

悲しみのプロセス最終段階

この軽い抑うつ状態を抜けると、愛猫の死という事実を受け入れていけるようになり、徐々に前向きになれるようになっていきます。

楽しい事や嬉しいといったそれまで忘れていたポジティブの感情が徐々に復活していきますが、愛猫の死を忘れるという事はありません。

当然、愛猫の死という事を考えれば悲しみの感情は復活しますが、抑うつ状態のような無気力な状態にまで陥る事はなくなります。

このプロセスはペットロスに陥った人すべてが通る道ですが、それが1か月で済むのか、半年以上かかるのかは個人の差があります。

スポンサーリンク




猫のペットロスの対策


愛猫の死が交通事故や落下事故などの不慮の事故の場合はペットロスがひどくなりやすくなります。

なので、そういった事を防ぐ為に外には出さない完全室内飼育にしたり、ベランダには出さないようにしたりといった事を徹底するようにしましょう。

また、病気になりにくくする為にバランスの良い食餌や適度の運動、徹底した健康管理をする事も大切です。

さらに、常日頃からよく観察して愛猫に異常が起こっていないかをチェックするようにしましょう。

ペットロスの対策としては、死の瞬間に立ち会ったり、思いっきり泣く事も対策となります。

愛猫の死に立ち会う事で愛猫の死を受け入れやすくしたり、すぐに火葬するのではなく、1番は別れの時間を作る事も大切です。

また、悲しみの感情を抑圧する事でよりペットロスをひどくする事があるので、思いっきり泣くようにしましょう。

まとめ

1. ペットロスとは、愛猫を亡くなった後に訪れる悲しみをコントロールができなくなった状態で、愛猫との関係が深ければ深いほどひどくなります。

2. 悲しみのプロセスは、ペットロスから回復する為に必要な3つの段階ですが、その期間には個人差があります。

3. ペットロスの対策は、愛猫の死を受け入れる為に死の場面に立ち会ったり、思いっきり泣くといった事が重要です。

ペットロスは、猫だけでなくペットを飼育しているすべての人が陥ってしまう可能性があるものですが、特に深い関係や濃密な時間を過ごしている飼い主や家族はなりやすい傾向にあります。

また、周囲の不用意な言動によっても悪化してしまう可能性があります。

特にペットを飼育した事がない人の言動や、ペットを飼育している人すべてが通る道といった言葉はよりペットロスをひどくします。

ペットの死はどんな人でも通る道ですが、そのペットと飼い主や家族の関係は百人いれば百人が違う、世界で唯一の関係です。

なので、そういった不用意な言葉はしないようにする事も周囲の人は大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク