猫の骨折 ~猫が骨折する原因や自然治癒、骨折の予防~


猫は人や犬と比べてバランス感覚が優れているといわれていて、そのバランス感覚をうまく利用する事で高い場所から落ちてもある程度の距離まではうまく着地する事ができます。

その為に骨折をする事は稀ですが、猫も骨折する事があります。

また、骨折をすると猫でも人でも治癒しようと体内の自然治癒力が働きます。

その為に骨折をしても固定をすれば骨が治癒します。では、猫が骨折しても放置をしていても大丈夫なのでしょうか?

今回は、骨折と自然治癒について紹介していきたいと思います。

猫の骨折とは


骨折の原因としては、交通事故や落下等の外力により骨の連続性が完全又は不完全に断たれた状態をいいます。

また、骨折は完全骨折と不完全骨折に分類されます。

更に完全骨折は横骨折、斜骨折、螺旋骨折、陥凹骨折、粉砕骨折、剥離骨折、圧迫骨折に分類され、不完全骨折は栄養性二次性上皮小体機能亢進症でよく認められます。

骨折をすると、症状として歩行困難・跛行・熱感・疼痛が認められます。

また、下顎を骨折した場合には口を閉じられなくなった位、触られる事を嫌がったりします。

猫の骨折の対処法


骨折をした場合には、基本的には骨折した部位に副木をして固定します。

ただ、疼痛から触られる事を極端に嫌う場合もあり、無理に触ろうとすると攻撃性を見せる事もあるので、そういった場合には副木をせずに動物病院へ連れていきます。

副木は、板や段ボールなどで十分できつくなりすぎないようにして固定します。

閉めすぎると血流を止めてしまう事にもなるので、あまりきつくなりすぎないように副木を固定しましょう。

スポンサーリンク




猫の骨折の自然治癒


猫も人も骨折をすると、体内の自然治癒力を使って骨折を治そうとします。

ただ、この自然治癒力が働くのは2週間ほどといわれています。

なので、この2週間の間に骨折部位を固定すれば骨折は治癒する事ができます。

ただ、猫の場合はギブスなどを嫌う傾向にある為に無理にギブスなどを使用してもさらに骨折部位を悪化させる危険性もあるので、器具などは使用せずに包帯などで固定して自然治癒力に任せるという治療方法もあります。

ただ、この治療法は放置をするという事ではありません。放置をしても骨折は治癒するわけではありません。

肢を骨折した場合に肢を挙上したまま猫が過ごせばその状態で骨が固まり、一生涯肢を下せない状態になる事もあります。

なので、あくまでも骨折部位を固定する事が必要で、また、骨折の中には治療をしなければいけないものもあるので、猫が骨折した場合には動物病院での診察を受けるようにしましょう。

本来、骨が治癒するまでは3か月~6か月かかり、放置するとさらに時間がかかり、不安定に固まった骨は折れやすく、同じような骨折を繰り返してしまうので、必ず動物病院での治療を施す事が重要です。

猫の骨折の予防


猫は骨折をしにくい動物ではありますが、交通事故によって骨折をする危険性があるので、交通事故を防ぐ為には完全に室内飼育をする事が大切です。

また、マンションなどの高層階に住んでいる飼い主や家族の場合は猫が落下しないように注意しなければなりません。

布団などを干した際にそれにとび乗ってそのまま落下したりしないようにベランダに猫が出ないようにしたり、窓から落下しないように常に窓を開けっぱなしにしない事が大切です。

容易に骨折しないように仔猫の頃からバランスが良い食事を食べさせて、適度に運動をさせて強い骨にする事も骨折を予防する意味では大切です。

まとめ

1. 骨折とは、交通事故や落下等の外力により骨の連続性が完全又は不完全に断たれた状態をいいます。歩行困難・跛行・熱感・疼痛が症状として認められます。

2. 骨折の対処法は、骨折部位を副木で固定して、動物病院に連れていきます。

3. 骨折の自然治癒は、骨折から2週間は自然治癒力が働くためにその間に骨折部位を固定すれば治癒をする事ができます。

4. 骨折の予防は、交通事故や落下事故を防ぐように飼い主や家族は細心の注意を払うようにします。また、骨折しにくい強い骨を作る事も大切です。

猫の骨折は交通事故や落下事故などがありますが、予防できないわけではないので飼い主や家族は注意しましょう。

また、万が一、骨折をした場合には放置はせずにすぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。

自然治癒力は約2週間ほどしか効果がないので、この間にしっかりとした治療を施したり、骨折部位の固定を施す必要があります。

室外飼育や放し飼いをしている場合には骨折に気付きにくい場合もあるので、できる限り室内飼育にするようにしましょう。

また、外に出る猫の場合は常に体に異常がないかチェックする事が大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)