猫の多発性嚢胞腎 ~猫の遺伝病。ペルシャ系の猫に多い多発性嚢胞腎~


猫の遺伝性の病気の1つとして多発性嚢胞腎があります。

この病気はペルシャ系の猫に多発する病気で、最終的には腎不全の症状を引き起こす病気です。

また、最近ではペルシャ系だけでなく、アメリカン・ショートヘアやスコティッシュ・フォールドなどでも発症が認められています。

今回は、多発性嚢胞腎について紹介していきたいと思います。

猫の多発性嚢胞腎の原因


多発性嚢胞腎は遺伝性の病気なので、原因は遺伝的な要因で親猫のどちらかがこの病気の遺伝子を持っていると優性遺伝によって約50%の確率で仔猫へと遺伝します。

また、この病気は一度発症すると徐々に進行し、再び元に戻る事はない病気です。

多発性嚢胞腎は嚢胞液と呼ばれる液体が詰まっている嚢胞が腎臓に発生し、徐々に大きくなり、腎機能を低下させていく病気です。

膿胞は正常な腎組織を押しつぶすように徐々に大きくなり、最終的には腎不全を引き起こします。

この病気はペルシャ、チンチラ、ヒマラヤンといった猫種で発症傾向があります。

また、最近ではアメリカン・ショートヘアやスコティッシュ・フォールド、雑種の猫で発症症例が認められています。

猫の多発性嚢胞腎の症状


多発性嚢胞腎を発症数と、仔猫の頃から腎臓に膿胞が形成され、個体差はありますが、徐々に少しずつ嚢胞が増加し、大きくなります。

症状は3歳齢以降に発現する事が多く、食欲不振、体重減少、疲れやすい、多飲多尿、嘔吐、脱水症状など症状として認められます。

また、膿胞が大きくなるので腎臓自体の大きさも大きくなり、触診で腎臓の大きさが左右で変わっていることが分かるほどになります。

スポンサーリンク




猫の多発性嚢胞腎の治療


多発性嚢胞腎を発症しているかどうかは、エコー検査で診断する事が主流となっています。

エコー検査が用いられる理由としてはエコーは麻酔をかけることなくでき、高い精度で診断する事ができる為とされています。

また、遺伝子検査も有効な診断方法で、猫への負担が少なく診断をする事ができますが、設備が整った施設が少ない為に診断が下るまでに時間がかかるというデメリットもあります。

多発性嚢胞腎と診断されても明確な治療法がない病気なので、治療は対症療法が施されます。

具体的な治療法としては、食事療法、皮下輸液、利尿剤や血圧降下剤の投与、いつでも新鮮な水を飲める状態にしておくなどが施されます。

食餌療法としてはタンパク質およびリンを制限した処方食を食べさせます。

これらの食餌は、腎臓に対して毒性を示す物質の量を減らし、腎不全の進行を遅らせる事を目的に食べさせます。

皮下輸液は、排尿をうながし、腎不全によって引き起こされる重度の脱水を改善し、血液中の腎毒性物質の量を低く保つのに非常に有効な治療法です。

また、脱水をしている場合には水分補給をする必要がありますが、口からの水分補給には限界があり、大量の水分補給は更なる嘔吐を引き起こす為に皮下輸液が脱水補正の際には施されます。

ただ、皮下輸液だけでは脱水が改善されない場合には点滴による輸液が施されます。

猫の多発性嚢胞腎の予防


多発性嚢胞腎は遺伝性の病気なので、予防法は存在しません。

なので、ペルシャやチンチラ、ヒマラヤンといった好発猫種を飼育する際には、1歳齢前後に動物病院で遺伝子検査を受ける事が大切です。また、アメリカン・ショートヘアやスコティッシュ・フォールドなども同様に検査を受ける事が重要です。

また、食欲不振、体重減少、疲れやすい、多飲多尿、嘔吐、脱水症状などの症状が認められた場合にはすぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

まとめ

1. 多発性嚢胞腎の原因は、遺伝性の要因で親猫がこの病気の遺伝子を持っていると仔猫には約半数が遺伝します。

2. 多発性嚢胞腎の症状は、食欲不振、体重減少、疲れやすい、多飲多尿、嘔吐、脱水症状などが認められ、最終的に腎不全を引き起こします。

3. 多発性嚢胞腎の治療は、食事療法、皮下輸液、利尿剤や血圧降下剤の投与、いつでも新鮮な水を飲める状態にしておくなどの対症療法が施されます。

4. 多発性嚢胞腎の予防は、遺伝性の病気なので予防する事はできませんが、遺伝子検査を受ける事が大切です。

猫の遺伝性の病気は、他の病気のように予防する事ができない為に発症を防ぐ手立てはありません。

なので、早期発見・早期治療が重要となります。

常日頃から愛猫の様子を観察し、異変がないかをチェックする事が大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク