猫の熱中症 ~悪化した場合には命の危険性も!熱中症の原因と対策~


猫の場合は犬のように毎日外に行く習性がないので、犬ほど頻繁ではありませんが、熱中症になる危険性があります。

また、熱中症は悪化した場合には命の危険性があるので、注意が必要な病気の1つです。

今回は、猫の熱中症の原因と対策について紹介していきたいと思います。

猫の熱中症とは


熱中症とは、体内にたまった熱を外界に逃がすことができず、全身の機能が不全に陥った状態をいいます。

猫は人のように汗をかいて気化熱で熱を放散する事ができない為に犬ほどではありませんが、熱中症になりやすいといえます。

また、猫の場合は長時間の移動など慣れない環境に置かれた場合に、ストレスや緊張などが原因で発症することがあります。

急激な体温の上昇に伴い、パンティングや流涎といった症状が発現し、悪化すると呼吸困難や痙攣を引き起こし、命に関わる事があります。

猫の熱中症の原因


熱中症は、体温が急激に高くなり、正常な体温を保てなくなることで発症します。

熱中症の原因としては、暑い場所に閉じ込められた場合に発症します。

夏の蒸し暑い日に、風通しが悪く、エアコンの効いていない部屋やケージの中などに閉じ込められた際に、熱中症を発症することがあります。

特に長時間、涼しい場所に移動する事ができず、水も飲めないような場所ではさらに危険性が上昇します。

また、エアコンをつけていない車内での留守番も熱中症の原因となります。

日差しの強い駐車場でエアコンをつけずに停車する車内は、熱がこもり温度が急上昇します。

そのような車内では、短時間でも熱中症になってしまうことがあります。

仮に少しだけ窓を開けても換気が十分ではなく、不慣れな車内での留守番に猫が緊張すれば、体温が急上昇することがあります。

猫種の中でも特にペルシャなどのように短吻猫種の場合は、他の猫種よりも呼吸がスムーズにできないうえに暑い環境が加わると熱中症を引き起こしやすくなります。

また、肥満気味の猫は、皮下脂肪が断熱材となって、体に熱がこもりやすく、心臓にも負担がかかり気味になっていて、肥満している猫では首まわりの脂肪によって気管が圧迫されたり、内臓脂肪で胸腔が狭くなっていたりと呼吸機能が低下しがちなので、呼吸による体温調節が難しく、熱中症になりやすい傾向になります。

スポンサーリンク




猫の熱中症の症状


熱中症になると、40℃以上に体温が急激症状し、パンティングや流涎といった症状が発現します。

また、目や口腔粘膜が充血してきます。そして、悪心を示したり、嘔吐や下痢をしたり、一時的にふらついて倒れてしまうことがあります。

熱中症が悪化すると、虚脱や失神、筋肉のふるえが見られたり、意識が混濁し、呼びかけにあまり反応しなくなったりします。

更に重篤化すると、完全に意識がなくなったり、全身性の痙攣発作を起こしたりすることもあり、吐血や下血(血便)、血尿といった出血症状や酸素をうまく取り込めないためにチアノーゼが見られたり、最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わることもあります。

猫の熱中症の対処法

熱中症に愛猫がなった場合には、最も施す対処法としては体を冷やす事です。

まずは、風通しのよい涼しい場所に猫を移動させ、冷たい水で濡らしたタオルで全身を包む、霧吹きで水を噴きかける、氷枕を動脈の走る首のまわりやわきの下にあてがうなどして、急いで体温を下げます。

ただ、体温を下げ過ぎないようにこまめに体温を測定し、39℃を切らないように注意しましょう。

また、猫が呼吸をしやすくする為に首を伸ばした状態にしておきます。

体温を下げながら動物病院へ連絡し、次の対処の指示を仰ぎましょう。

猫の熱中症の予防


愛猫を熱中症から守る為には常に室内の風通しを良くしておくことが重要です。また、換気扇や扇風機を利用して風の流れを作る事も効果的な予防法です。

できれば、部屋のドアを閉めきらずに開けておくことが大切です。

また、カーテンを閉めて、直射日光を避けるようにします。クールマットなどを敷いておくことも予防法の1つです。

猫は排尿をする事で体温を下げる事もできるので、新鮮な水を用意してトイレもきれいにしておきます。

特に猫は綺麗好きな動物なので、トイレが汚いと排尿をしない事もあるので、常にきれいにしておきましょう。

まとめ

1. 熱中症とは、体内にたまった熱を外界に逃がすことができず、全身の機能が不全に陥った状態です。

2. 熱中症の原因は、暑い場所に閉じ込められた場合や車の中、ケージの中に閉じ込められた場合に発症します。また、ペルシャのような短吻猫種で発症しやすくなります。

3. 熱中症の症状は、40℃以上に体温が急激症状し、パンティングや流涎といった症状が発現します。

4. 熱中症の対処法は、冷水で濡らしたタオルで包んだりして体温を下げます。

5. 熱中症の予防は、室内の風の通りをよくして、常に新鮮な水を飲めるようにします。

猫の熱中症は、犬ほど注意しなければいけない病気ではありませんが、ケージに入れて長時間の移動や車での長時間の留守番などをさせる場合には注意しなければいけない病気です。

ただ、風の通りをよくして、新鮮な水を飲めるようにするなどして予防する事ができる病気なので、しっかりと予防法を実践しましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)