猫の咳と病気 ~逆くしゃみ・咽頭炎・気管支炎・肺炎・肺水腫・毛球症など~


咳とは、本来は異物を取り除こうとして起こる呼吸器系の生理現象なのですぐに病気を示すサインではありませんが、長期的に咳をする場合には病気の可能性があります。

また、咳にはいくつか種類があり、考えられる病気も変わってきます。

今回は、咳の種類と考えられる病気について紹介していきたいと思います。

猫がする咳


咳は、気管・喉頭・肺などの呼吸器系に入った異物を取り除こうとして起こる現象です。

なので、短期的に起こる堰は病気である可能性は低いですが、咳が長期的に起こる場合には病気の症状の1つの可能性があります。

猫が咳をする場合には、四つんばいになって頭を下げ、前方に突き出すというのが基本姿勢です。

また、鼻に異物が入り、猫が違和感を感じている場合には、口を閉じた状態でフンフンと鼻から小刻みに息を吐き出します。

更に喉に違和感がある場合には、口をあけて少し舌を出し、「ケホケホ」と息を吐き出します。

その他には気道が閉塞している場合には咳の間に喘鳴音が聞こえます。

猫の逆くしゃみ

猫は逆くしゃみを行う事があります。

逆くしゃみは、正式には咽頭絞扼反射若しくは発作性呼吸と呼ばれ、大きな音を出しながら繰り返し息を吸い込む動作の事をいいます。

息を吸い込むとき、すなわち肋骨が膨らむときに鼻の奥からグーグーという音を出すのが、通常の咳との最大の違いです。

逆くしゃみを行う理由には関してはよく分かっていませんが、鼻の奥の違和感を取り除こうとしているといわれています。

猫の咳の種類と考えられる病気


咳には、乾いたような咳と湿ったような咳があります。

どちらの咳の場合も長期的に行うようであればすぐに動物病院で診察を受ける必要があります。

「ケーケー」と乾いた咳

乾いた咳をする場合には「ケーケー」といった咳を繰り返します。

この咳をする場合には気道などで炎症が起こっている可能性が考えられます。

考えられる病気としては、咽頭炎・気管支炎・心臓病などがあります。

また、激しいくしゃみも伴う場合には猫ウイルス性鼻気管炎に感染の可能性もあります。

弱々しく乾いた咳をしている場合には、肺炎が疑われ、命の危険性もあります。

「ゼエゼエ」と湿った咳

「ゼエゼエ」と湿った咳なら猫の気道に炎症が起こり痰などの水分を伴っています。

この咳をする場合には重度の肺炎や肺水腫、膿胸、悪性腫瘍の可能性があります。

この咳は乾いた咳よりも深刻な病気の症状の場合があるので、すぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

その他の咳

この他にも咳をした場合に考えられる病気としては、猫ウイルス性鼻気管炎、猫クラミジア感染症、猫エイズウイルス感染症、フィラリア症、食道アカラシア、心臓の病気、悪性リンパ腫、血管肉腫、咽頭炎、気管支炎、喘息、肺炎、肺水腫、乳び胸といった病気があります。

スポンサーリンク




猫の毛球症によって引き起こされる咳


猫が咳をする原因として毛球症を引き起こした場合があります。

猫は自分で被毛を綺麗にする毛づくろいをする動物です。

その毛づくろいをする際に被毛を吸い込んでしまい、毛球症を引き起こす事があります。

毛球症になった際には毛玉を吐き出そうとして咳をする事があります。

軽症の場合は、動物病院では毛球除去剤などを施しますが、症状の重さによっては外科手術も必要になる場合もあります。

毛球症はこまめにブラッシングを行う事で予防する事ができます。また、食物繊維豊富な餌を与えるといった日常の食生活で毛球症を改善する事があります。

猫の咳と共に発現する症状

猫が病気が原因となって咳をする場合には、他の症状が一緒に発現する場合があります。

その症状としては、発熱や鼻汁、苦しそうに呼吸をする、咳をする際に喘鳴音がする、元気がないといった症状があります。

猫が咳をした場合の対処法と予防


猫が咳をした場合には、どのような咳をしているか、咳以外の症状があるかどうかをチェックします。

その後、他の症状が発現している場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにします。

また、予防としてはワクチンで予防できる病気もあるのでワクチン接種をしたり、室内飼育にしてウイルスや細菌感染しないようにしたりといった方法があります。更に、猫の生活環境を常に清潔にする事も大切です。

まとめ

1. 猫がする咳は、四つんばいになって頭を下げ、前方に突き出しながら咳をします。

2. 逆くしゃみは、大きな音を出しながら繰り返し息を吸い込む動作です。

3. 咳の種類と考えられる病気は、乾いた咳と湿った咳があり、危険度が高い席は湿った咳をした場合で、咽頭炎・気管支炎・心臓病などや重度の肺炎や肺水腫、膿胸、悪性腫瘍などが考えられます。

4. 毛球症によって引き起こされる咳は、毛球症になった際には毛玉を吐き出そうとして咳をする事があります。

5. 咳と共に発現する症状は、発熱や鼻汁、苦しそうに呼吸をする、咳をする際に喘鳴音がする、元気がないといった症状が一緒に発現する事があります。

6. 咳をした場合の対処法と予防は、どのような咳をしているか、咳以外の症状があるかどうかを確認して動物病院で診察を受けます。

猫の咳は、病気が原因として起こる場合にはすぐに動物病院で診察を受ける必要があります。

なので、猫が咳を長期的にしている場合にはどのような咳をしていて、他に症状が出ていないかを確認して、できるだけ早く動物病院で診察を受けるようにします。

特に湿った咳の場合は深刻度が高い為に早急に動物病院に連れて行くようにしましょう。

また、それぞれの病気の予防法を行う事や猫の生活環境を常に清潔にしておくことも大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)