猫の病気 ~それぞれのライフステージになりやすい病気とは~

にゃんにゃん5-1
猫は、それぞれのライフステージになりやすい病気というものが存在します。また、犬と同様に混合ワクチンによって予防できる病気もあります。

今回は、それぞれのライフステージになりやすい病気と混合ワクチンによって予防できる病気について紹介したいと思います。

仔猫期にかかりやすい病気

にゃんにゃん5-2
仔猫の時期にかかりやすい病気としては、猫カリシウイルス感染症群や猫ウイルス性鼻気管炎の呼吸器感染症があります。

目ヤニやくしゃみ、鼻汁などの症状を発現し、人の風邪のような症状を発現する事から猫風邪ともいわれます。

その他にも猫免疫ウイルス感染症もあります。猫エイズウイルス感染症ともいい、発熱や下痢、リンパ節の腫脹、口内炎などの症状が発現します。感染した猫との交尾やけんかによって感染し、母子感染する事も分かっています。

病気ではないですが、避妊や去勢手術後に太り、肥満体形になる事もあります。避妊や去勢手術をすると、ホルモンバランスが崩れる為に、代謝が落ちてしまい、太りやすくなります。

混合ワクチンによって予防できる病気

にゃんにゃん5-3
混合ワクチンによって予防できる病気には、猫エイズウイルス感染症、猫汎白血球減少症、猫白血病ウイルス感染症、猫ウイルス性鼻気管炎、猫カリシウイルス感染症、猫クラミジア感染症があります。どの感染症も猫にとって重篤な感染症なので、必ずワクチン接種をするようにしましょう

成猫期になりやすい病気

にゃんにゃん6-4
成猫の頃になりやすい病気としては、尿石症や膀胱炎、尿道閉塞などの下部泌尿器系の病気があります。

頻尿や逆におしっこが全くでなくなるなどの症状が発現し、尿道や膀胱に結石ができたり、細菌が尿道から侵入して膀胱に炎症が起こったりします。

対策としては、飲水量を増やしたり、塩分を控えたりといった事があります。

スポンサーリンク





また、糖尿病にもなりやすくなります。

人の生活習慣病の1つにも数えられる糖尿病は猫でも起こります。さらに、腎不全や肝不全などの合併症を引き起こす可能性もあります。

対策は、糖分が高い食餌を控えたり、運動を行い、肥満体形を改善する事です。

その他にも慢性腎不全や甲状腺機能亢進症などになりやすいので、しっかりとした健康管理が大切です。

老齢期になりやすい病気

にゃんにゃん3-4
老齢期になると、抵抗力や免疫力が落ちる為に病気自体になりやすくなりますが、その中でもなりやすいといわれているのが腎臓病です。

猫は、もともと尿の濃縮機能が高く、年齢を重ねるとどうしても腎臓に負担がかかってしまい、結果として腎臓病になりやすくなります

また、ガンになりやすくなるのも老齢期の特徴です。特に多いとされるのがリンパ腫と乳腺腫瘍です。

さらに、肺などへ転移して多臓器不全で死亡するケースもあります。

他の病気もそうですが、ガンの治療に大事なのは早期発見と早期治療です。ガンのステージが高くなればなるほど、治療が難しくなり、治療費も高額となってしまうので、体に異常がないかをよく観察するようにしたり、定期的に動物病院で健康診断をする事が大切となります。

さらに、老化により筋力が低下する事で、動きが鈍くなり、関節炎になりやすくなります。

特に猫の場合は高い場所を好む傾向にあります。落下などをしないような環境づくりが大切となります。

人と同じように猫でも痴呆があります。

食事に関心を示さなくなったり、トイレで排泄をしなくなるなどの症状があります。さらに、心臓病や便秘になりやすくなります。

まとめ

1. 仔猫期になりやすい病気は、感染症が多い傾向にあります。仔猫はまだ免疫力や抵抗力が備わってはいないので感染症になりやすくなります。なので、飼い主が感染症にならないように注意しなければいけません。

2. 混合ワクチンによって予防できる病気は、感染症の中でも特に注意しなければいけない病気です。感染症を完全に防ぐ事は難しいですが、ワクチンによって防ぐ事ができるので、しっかりとワクチン接種をするようにしましょう。

3. 成猫期になりやすい病気は、感染症というよりもこれまでの生活習慣によって引き起こされる病気が多い傾向です。この時期の病気は、健康管理によって防ぐ事が多くあります。

4. 老齢期になりやすい病気は、免疫力や抵抗力が低下する事でなりやすくなる病気が多い傾向です。

猫を飼育する飼い主にとって避けたいものが愛猫が病気になる事ですね。

全ての病気を避ける事はできませんが、健康管理やワクチン接種によって防ぐ事ができるものは、防ぐようにする事が1日でも長く愛猫と一緒に生活する秘訣です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク