猫の中毒 ~チョコレートや薬物など中毒症状を起こすものと症状~


猫も人同様に中毒を起こしますが、人では問題ないものによって中毒を起こすので中毒症状を起こす物質が何であるか、その症状を理解しておく必要があります。

また、中毒を起こす物質の中には死に至るものまであります。

今回は、猫が中毒症状を起こす物質とその症状について紹介していきたいと思います。

猫の食べ物による中毒


猫が食べる事で中毒を起こす食材としては、最も注意しなければいけないものはチョコレートやココアです。

猫は、チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質を分解できず、嘔吐や下痢の原因となり、最悪の場合は命を落とすこともあります。

チョコレートやココアを食べたり、飲んだりする場合には猫が口にしないように注意しましょう。また、猫が盗み食いなどをしないようにする事も大切です。

また、死亡する危険性があるものとしてはぶどうやレーズンがあります。

ぶどうやレーズンを猫が食べると、嘔吐、急性腎不全、最悪の場合は死亡する危険性があるので、チョコレートやココア同様に食べる際には注意が必要です。

ネギ類も猫が食べると中毒症状を起こす食材です。ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が赤血球を破壊し溶血性貧血の原因となります。

人の歯磨き粉の成分やガムの成分として知られるキシリトールも猫が食べると死亡する危険性があります。

猫は、ガム一枚でも低血糖を起こし、最悪のケースでは死亡する危険性があるので、歯磨き粉の置き場所に関しては猫が触れるような場所にはおかないようにしましょう。

猫の薬物による中毒


人用の薬物は猫が食べたりすると中毒症状を起こす事があります。

特に解熱鎮痛薬に含まれるアセトアミノフェンは、少量でも中毒症状を発現します。また、大量に摂取すると人でも死亡症例があるので、不用意に与えるようなことはやめましょう。

さらに、関節炎、生理痛、発熱、炎症部位の鎮痛に用いるイブプロフェンを含む薬も厳禁です。

犬のノミダニ駆除役の中に含まれるベルメトリンも猫に中毒症状を発現する薬物です。

最悪の場合は死亡する危険性があるので、使用する事はしないようにしましょう。

薬物ではないですが、タバコも注意が必要です。

人でもタバコを食べたり、溶液にして飲んだ場合には死亡する事があります。猫の場合は、個体の大きさにもよりますが、タバコ1本でも食べた場合には中毒症状を発現します。

なので喫煙者は吸い殻などを猫が食べないように注意が必要です。

スポンサーリンク




猫の中毒の症状


中毒症状は、原因となる物質によって異なりますが、流涎、縮瞳、震え、運動失調、痙攣発作、高体温といった神経症状を主に示すものもあれば、嘔吐や下痢、あるいは口腔内のただれといった消化器症状が強く出るもの、出血傾向や可視粘膜の蒼白化、頻脈といった貧血症状を起こすものなどがあります。

また、原因によっては腎不全や肝不全に進行するものまであります。

特に化学物質によって中毒を起こした場合には、流涎や失禁、縮瞳が生じ、震えたり、痙攣を起こしたりし、早急に手当てをしないと命に関わることになります。

猫の中毒の治療

中毒の治療は、ほとんど内科的治療法が施されます。

治療する際には、できる限り早く原因を特定する事が大切で、中毒物質を猫の体外に何らかの形で排泄させるか、中毒物質の毒性を弱めることが重要で、吐かせたり活性炭を投与したり、胃洗浄を行ったりします。

同時に嘔吐や下痢といった消化器症状や脱水症状、痙攣などの神経症状などに応じて対症療法を行います。

猫の中毒の予防


中毒を起こす物質を猫の生活環境の中に置かないようにしたり、猫が触ったりしないようにする事が大切です。

また、室外に出てしまうと飼い主には対応ができないのでできる限り室内飼育にする事が重要です。

外に出す場合には飼い主の目が届く範囲だけにするようにしましょう。

まとめ

1. 食べ物による中毒は、チョコレートやココア、ネギ類、キシリトールなどがあります。

2. 薬物による中毒は、人間の薬物や犬用のノミダニ駆除薬などで中毒を起こします。また、排水口やトイレ用洗剤、食器洗浄器用洗剤などに含まれる腐食性物質中毒やガソリン、灯油、塗料シンナーなどの石油製品や洗浄剤、接着剤などに含まれる炭化水素中毒などを起こす場合もあります。

3. 中毒の症状は、流涎、縮瞳、震え、運動失調、痙攣発作、高体温を起こしたり、嘔吐や下痢、あるいは口腔内のただれなどを起こします。

4. 中毒の治療は、吐かせたり活性炭を投与したり、胃洗浄を行ったりします。

5. 中毒の予防は、中毒を起こすような物質を猫の生活環境に置かないことが重要です。

猫の中毒は最悪の場合死亡する危険性があります。なので、飼い主や家族としては注意したい病気の1つですね。

ただ、中毒の場合は予防する事は難しいわけではなく、中毒を起こすような物資に猫が触れないようにすれば予防する事は可能です。

ですが、外に出る猫の場合は完全な予防ができないので、可能な限り外には出さないようにする事が大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク