猫の甲状腺機能亢進症と栄養性二次性上皮小体機能亢進症 ~ホルモンの異常。猫の内分泌の病気~


猫も人と同じように各種分泌腺からホルモンが分泌され、体の恒常性を維持しています。

なので、ホルモンのバランスが崩れると様々な症状が発現します。

今回は、猫の内分泌の病気である甲状腺機能亢進症と栄養性二次性上皮小体機能亢進症について紹介していきたいと思います。

猫の甲状腺機能亢進症の原因


甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)は、シニア期にあたる8歳齢以上の猫に多発します。

また、甲状腺から分泌されるホルモンは体の新陳代謝をコントロールする働きを担っていますが、過剰分泌されると全身の酸素要求量が増大し、赤血球増多症や心拡大などが起こります。

甲状腺機能亢進症の原因としては、甲状腺の過形成や腫瘍によって引き起こされます。

猫の甲状腺機能亢進症の症状


甲状腺機能亢進症の症状としては、沢山食べる割には痩せていきます

また、それ以外の症状としては呼吸速迫、飲水量増加、落ち着きがない、生活が活発或いは攻撃的になる、老齢であるのに発情しているように見える、眼がらんらんとしている、削痩、食欲がない、大声で鳴く、脱毛、下痢、嘔吐、元気消失などがあります。

猫の甲状腺機能亢進症の治療

甲状腺機能亢進症かどうかは血液中の甲状腺ホルモンの濃度を検査する事で診断します。

また、治療としては外科的に腫大している甲状腺の摘出或いは甲状腺ホルモンの合成を阻害する薬剤の投与などの治療が施されます。

また、甲状腺機能亢進症の有効な予防法はなく、8歳齢以上になった場合には定期的な健康診断を行う事が重要です。

猫の栄養性二次性上皮小体機能亢進症の原因


栄養性二次性上皮小体機能亢進症(えいようせいにじせいじょうひしょうたいきのうこうしんしょう)は、特に仔猫で認められる栄養失調の1つです。

上皮小体からは上皮小体ホルモンという生き物が生存しつづける上で必須のホルモンが分泌されていて、上皮小体ホルモンは、血液中のカルシウムとリンの比率を一定に保つ役割を担っています。

また、上皮小体ホルモンは腸からカルシウムを吸収と骨からの血液中への放出を促進したり、腎臓からのカルシウムの排泄や骨へ沈着を抑制して、血液中のカルシウムを上昇させる働きもあります。

栄養性二次性上皮小体機能亢進症の原因としては、カルシウムが少なくリンの多い、またはビタミンD欠乏を起こすような不適切な食餌や活性型ビタミンDの不足によって持続的な低カルシウムによって引き起こされます。

ビタミンDはカルシウムやリンの代謝を調節する上でホルモンのような役割を持つ物質で、食物から摂取されたり、体内で生成します。

食物から摂取したり、体内で生成されたビタミンDは肝臓や腎臓で代謝を受けて活性化してその機能を発揮します。

この病気は白米と味噌汁という猫ご飯を与えていると発症しやすいといわれます。

スポンサーリンク




猫の栄養性二次性上皮小体機能亢進症の症状

栄養性二次性上皮小体機能亢進症の症状としては、手足や胴が寸足らずで動きが鈍く疼痛を伴います。

また、骨盤も変形・変位し、骨盤腔の狭窄が認められ、排便しにくくなることがあります。

その他の症状としては、元気消沈、全身の筋肉の萎縮、虚弱、膀胱結石などがありますが、虚弱の程度は様々ですが、通常は軽度といわれています。

猫の栄養性二次性上皮小体機能亢進症の治療


栄養性二次性上皮小体機能亢進症は、栄養バランスのとれたキャットフードを与えることにより症状の改善や予防をする事ができます。

また、補助的にビタミンDやカルシウム製剤を投与されます。

生後2か月くらいまでの仔猫は完治する事が多いですが、背骨の骨折が伴った場合には後遺症として跛行や便秘などを伴う事があります。

まとめ

1. 甲状腺機能亢進症の原因は、甲状腺の過形成や腫瘍が起こる事で発症します。

2. 甲状腺機能亢進症の症状は、食餌量が増加しますが、沢山食べる割に痩せてきます。

3. 甲状腺機能亢進症の治療は、外科的治療として腫大した甲状腺を摘出手術と内科的治療として甲状腺ホルモンの合成を阻害する薬剤の投与が施されます。

4. 栄養性二次性上皮小体機能亢進症の原因は、栄養バランスが悪い食事を摂取する事で発症します。

5. 栄養性二次性上皮小体機能亢進症の症状は、手足や胴が寸足らずで動きが鈍く、疼痛を伴います。また、元気消沈、全身の筋肉の萎縮、虚弱、膀胱結石などがあります。

6. 栄養性二次性上皮小体機能亢進症の治療は、栄養バランスがとれた食餌を食べる事で症状が改善されます。また、ビタミンDやカルシウム製剤の投与が施されます。

猫の内分泌の病気である甲状腺機能亢進症は予防する事が難しい為に、定期的な健康診断と愛猫に異常がないかどうかを常にチェックしておくことが重要となります。

また、栄養性二次性上皮小体機能亢進症は栄養失調の1つなので、栄養バランスが取れた食事を与えれば予防する事ができます。

特に白米と味噌汁といった食餌を与えるのではなく、栄養バランスがとれたキャットフードを与えるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク