猫の内部寄生虫 ~腸内の寄生虫:回虫・マンソン裂頭条虫・壺形吸虫・コクシジウムなど~


猫を含めて動物に寄生する寄生虫には外部寄生虫内部寄生虫の2つがあります。

内部寄生虫は体の中に寄生する寄生虫で、猫では主に腸内に寄生する寄生虫が問題となります。また、胎盤感染や母乳や周囲の環境からも感染します。

腸内に寄生する寄生虫には、線虫類と条虫類があります。

これらの寄生虫に感染すると、嘔吐・下痢といった消化器症状だけでなく、成長障害、貧血などを引き起こします。

今回は内部寄生虫の種類と症状について紹介していきたいと思います。

猫回虫


猫回虫(ねこかいちゅう)の成虫は、腸管腔に寄生し、宿主である猫が消化した食べ物を栄養源とします。

年齢に関係なく感染する危険性は存在しますが、特に仔猫に多数の成虫の猫回虫が寄生した場合には、消化吸収・栄養摂取に影響が現れ、発育不良をもたらす事になります。

猫回虫は大型の寄生虫なので、腸粘膜への機械的な刺激や内腔の閉塞を引き起こし、下痢や腹痛、消化不良の原因となります。

猫回虫の卵は環境中での抵抗力が非常に強く、砂や土の中でも長時間生息する事ができます。

なので、室外飼育している場合には外で感染してしまう場合もあります。

マンソン裂頭条虫


マンソン裂頭条虫(マンソンれっとうじょうちゅう)の頭端にある吸溝と呼ばれる猫の体に引っ付く器官で、小腸の腸絨毛に巻き込み、腸管の蠕動運動によって食べ物と一緒に流されないように体にしっかりと固定しています。

マンソン裂頭条虫などの条虫は、多数の片節が連なって1つの虫体を形成します。

体長は最大250㎝程度、口腔や消化器官はなく、その体表から宿主の消化した食物中の栄養分を吸収しています。

症状としては無症状の事が多いですが、消化障害、下痢、腹痛などの症状を認める事があります。

瓜実条虫

瓜実条虫(うりざねじょうちゅう)の頭端には4つの吸盤と多数の鉤で猫の腸絨毛の間の粘膜に潜り込ませて寄生します。

また、瓜実条虫の体長は最大50㎝、一般的に条虫類の成虫は大型のものが多い割には無症状の事が多いですが、多数寄生すると出血性腸炎を起こす事があります。

瓜実条虫の多数の虫体が感染した場合には腸炎、下痢、体重減少などが認められ、また、頭節に備わる大きな鉤で腸管の粘膜が傷つけられる事があります。

スポンサーリンク




壺形吸虫


壺形吸虫(つぼがたきゅうちゅう)は体長約2㎜の比較的小型の吸虫ですが、体前半部にある深い溝で猫の腸絨毛を巻き込みしっかりと固着しています。

壺形吸虫が多数寄生すると、その機械的刺激により猫は頑固な下痢をするようになります。

また、中間宿主が同一であるためにマンソン裂頭条虫との混合感染例が多いとされます。

さらに関西以西に感染例が多いとされています。

猫条虫

猫条虫(ねこじょうちゅう)は頭端に4つの吸盤と大きな鉤を持ち、腸粘膜に固着していて、体長は最大60㎝に達しますが、通常は軽度感染例が多い為に症状はありません

猫条虫が多数の虫体が感染した場合には腸炎、下痢、体重減少などの症状が認められます。

また、頭節に備わる大きな鉤で腸管の粘膜が傷つけられる事があります。

コクシジウム


コクシジウムは、小腸粘膜の上皮細胞中に侵入して活発に分裂増殖し、最終的にはその細胞を破壊します。

成猫で症状を認める事は稀ですが、時として下痢の原因となり、血便、消化不良、貧血、衰弱などの臨床症状を認める事もあります

また、猫の臓器或いは組織に発育途中の虫体が被嚢する事もあります。

コクシジウム以外にもジアルジア、クリプトスポリジウム、トキソプラズマ、トリコモナスなどの単細胞の寄生虫の寄生が認められます。

ジアルジアは腸粘膜に付着して脂肪分の吸収を阻害し、下痢を引き起こします。
主に抵抗型虫体(シスト)が感染源となります。

クリプトスポリジウムは小腸の表面で増殖し、猫では無症状の場合が多いですが、免疫が抑制された場合等には長期の下痢を起こす事もあります。

また、牛や犬、人にも感染するので注意が必要です。

トリコモナスは小腸内腔に寄生しますが、真の病原性については不明です。

まとめ

1. 猫回虫は、腸管腔に寄生し、宿主である猫が消化した食べ物を栄養源します。また、下痢や腹痛、消化不良の原因となります。

2. マンソン裂頭条虫は、小腸の腸絨毛に固着し、消化障害、下痢、腹痛などの症状が認められる事があります。

3. 瓜実条虫は、4つの吸盤と多数の鉤で猫の腸絨毛の間の粘膜に潜り込ませて寄生します。

4. 壺形吸虫は、多数寄生するとその機械的刺激により猫は頑固な下痢をするようになります。

5. 猫条虫は、多数寄生すると腸炎、下痢、体重減少などの症状が認められます。

6. コクシジウムは、下痢の原因となり、血便、消化不良、貧血、衰弱などの臨床症状が発現します。

内部寄生虫は、病原性の比較的弱い寄生虫が多いですが、猫は寄生している間は栄養源の一部をとられてしまう為に適正な対応が重要となります。

特に仔猫の場合には症状を発現する為に仔猫の時から定期的な駆虫薬の投与を行う事が大切です。また、成猫でも感染するので、駆虫薬の投与は成猫になってからも行うようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク