猫の感染症についてわからない人へ!猫免疫不全ウイルス感染症の原因と症状


猫の感染症の1つである猫免疫不全ウイルス感染症は、FIVともいわれている病気です。

世界中の猫で認められ、最終的には猫エイズといわれる後天性免疫不全症候群を発症し、最終的には痩せ衰えて死亡します。

また、治療法が確立されていないのが現状です。なので、感染しないようにする事が大切です。

今回は、猫免疫不全ウイルス感染症の原因や症状について紹介していきたいと思います。

猫免疫不全ウイルス感染症の原因


猫免疫不全ウイルス感染症は、猫免疫不全ウイルスに感染することで発症します。

また、猫免疫不全ウイルスは人のエイズウイルスと同類のレンチウイルスですが、このウイルスは猫のみに感染するウイルスなので人に感染する事はありません。

また、猫免疫不全ウイルスは猫の血液中や脳脊髄液、唾液に留まり、唾液を介して感染すると考えられています。

なので、猫免疫不全ウイルス感染症に感染する経路としては、猫同士のけんかによる噛み傷などから感染する事がほとんどです。

唾液を介して感染するので、交尾や接触だけで感染する事も稀ですが、起こります。

感染は外に出る成猫のオスが圧倒的に多く、室外飼育をしている場合や外に出る機会がある猫の場合にはこの病気に感染する可能性があるので注意が必要です。

猫免疫不全ウイルス自体は強いウイルスではなく、アルコールや洗剤などで容易に死滅しますが、一度猫に感染すると猫の体内から消える事はありません。

猫免疫不全ウイルス感染症の症状


猫免疫不全ウイルス感染症は、急性に症状が発現する病気ではなく、数年以上の慢性経過を辿り、後天性免疫症候群を引き起こします。

後天性免疫不全症候群を発症した場合にはほぼ100%死亡しますが、無症状のまま生涯を終える場合もあります。

猫免疫不全ウイルス感染症の症状は大きく分けて4つの期に分類されます。
感染してから1か月~数か月の間を急性期と呼び、この時期には発熱、下痢、リンパ節の腫脹などが認められます。

その後は無症状の時期が数年に渡って続く無症状期になります。

また、ウイルスが感染していう状態をキャリアーと呼び、無症状キャリアーのまま生涯を終える場合もあります。

数年無症状が続いた後に再び全身のリンパ節が腫脹し、口内炎や鼻炎、皮膚炎、腸炎などの慢性の病気が認められるようになります。

この時期はリンパ節免疫機構の破壊が徐々に進み、免疫機能の指標となるCD4陽性Tリンパ球数も減少します。

また、この時期に発現する慢性の病気としては口内炎が発現します。

その後、後天性免疫不全症候群を発症するエイズ期に入ります。

エイズ期は通常は5歳齢以降に認められ、次第に削痩が激しくなり、貧血も進み、免疫不全の表れである悪性腫瘍や日和見感染が認められます。

また、悪性腫瘍や日和見感染に対する治療にも反応しなくなり、数か月以内に死亡しています。

スポンサーリンク




猫免疫不全ウイルス感染症の治療


猫免疫不全ウイルス感染症に感染しているかどうかは抗体検査によって行われますが、抗体検査は感染してから1か月以上経過していないと検査をしても抗体の値が上昇しないので感染しているかわからない場合もあります。

また、感染した母ネコから生まれた子ネコが生後6ヶ月以内の場合には、母親からの移行抗体が残っている可能性があり、検査したときに疑陽性と判定されることがあります。

猫免疫不全ウイルス感染症には効果的な治療法はなく、ワクチン自体も存在していません。

なので、猫免疫不全ウイルス感染症の治療は症状を軽減する対症療法が施されます。

一般的にはインターフェロンや抗生剤の投与が施されます。

猫免疫不全ウイルス感染症の予防


猫免疫不全ウイルス感染症にはワクチンが存在していないので、猫免疫不全ウイルス感染症に感染しない為には外に出さないようにする事が重要です。

また、他の猫を家に迎える場合には感染していないかどうかを検査する事も大切です。

猫免疫不全ウイルス感染症の原因の大半は他の猫とのけんかなので、オス同士がメスを巡って喧嘩をしないように避妊・去勢手術を行う事も予防策の1つです。

まとめ

1. 猫免疫不全ウイルス感染症の原因は、他の猫との喧嘩が感染の原因です。特に発情期にメスを巡って争うオス猫は要注意です。

2. 猫免疫不全ウイルス感染症の症状は、発熱、下痢、リンパ節の腫脹などが認められます。

3. 猫免疫不全ウイルス感染症の治療は、効果的な治療法はなく、対症療法が施されます。

4. 猫免疫不全ウイルス感染症の予防は、外に出さないことが重要です。

猫免疫不全ウイルス感染症は、効果的な治療法がない病気で後天性免疫不全症候群にまで進行し、症状が発現すると数か月で死亡してしまう為に、猫免疫不全ウイルスに感染しないようにする事が大切です。

また、初期症状が認められた場合にはすぐに動物病院で診察や治療を施すようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク