猫の腫瘍についてわからない人へ!良性腫瘍と悪性腫瘍

猫の腫瘍 にゃんにゃんネット
猫も人同様に腫瘍ができる場合があります。

これは獣医療の進歩により長寿化した結果、腫瘍になる猫が増加していきました。

また、腫瘍の中には良性と悪性があり、危険度や予後が変わってきます。

更に猫は犬よりも腫瘍の発症率が高い為に犬よりも腫瘍に関しては注意しなければいけません。

今回は、猫の腫瘍について紹介していきたいと思います。

良性腫瘍と悪性腫瘍

本来、動物の細胞は規則的に増殖を行っていますが、時に不規則に細胞が増殖し、異常な組織を形成してしまう事があります。

これが腫瘍と呼ばれるもので、腫瘍には良性と悪性の2つのタイプがあります。

良性は転移する事がなく、命に関わる事が少なく、悪性は全身に転移し、命に関わり、一般的にはガンと呼ばれています。

ただ、すべの悪性腫瘍がガンと呼ばれるわけではなく、皮膚、消化管、呼吸器道の上皮組織に発現したものを癌と呼び、血管、リンパ管、神経組織などの比上皮組織に発現したものを血腫と呼びます。

猫の腫瘍の原因

猫の腫瘍 にゃんにゃんネット
腫瘍は人同様に年齢を重ねるほど発症しやすくなります。

その理由は、気力や体力が低下し、それに伴い抵抗力も低下する為に腫瘍が発症しやすくなります。

また、細胞も加齢に伴い傷つきやすくなることも腫瘍が発症しやすくなる理由です。

腫瘍の原因としては、老化の他にも発がん性の化学物質、紫外線、ウイルス、ホルモン、遺伝などが複雑に関係していると考えられています。

猫は犬よりも悪性腫瘍の発症率が高く、特に乳腺腫瘍の場合は犬が乳腺腫瘍の中で悪性になる確率は50%であるのに対して猫は約80%が悪性となります。

猫の中でよく認められる悪性腫瘍はリンパ腫と乳腺腫瘍です。

特にリンパ腫は猫の悪性腫瘍の中で最もよく認められる悪性腫瘍なので、リンパ腫に関してはよく理解しておく必要があります。

猫の悪性腫瘍は、猫白血病ウイルス(FeLV)の感染が引き金となるリンパ腫、紫外線が影響する扁平上皮がん、ホルモンの作用が影響する乳がんや子宮がんのように、発生する原因がある程度特定されているので、予防する事もできます。

スポンサーリンク




猫の腫瘍の治療

猫の腫瘍は悪性腫瘍の割合が高く、手術による根治は難しい病気といわれます。

なので、猫の腫瘍は予防と早期発見・早期治療が重要となります。

猫が6~7歳齢を迎えた頃からは、日頃から頻繁に猫の体に異変が起こっていないかを確認したり、動物病院での診察を受けるようにして、いち早く腫瘍を発見して、速やかに治療が行えるようにしましょう。

猫のリンパ腫

猫の腫瘍 にゃんにゃんネット
リンパ種は、白血球の中で免疫を担っているリンパ球が腫瘍化する病気で、猫の場合はその半数以上が猫白血病ウイルスの感染が関与しているといわれています。

ただ、猫白血病ウイルスに感染していなくても発症する場合があり、原因に関してはよく分かっていません。

原因として考えられているのは、高齢化による免疫力の低下、猫免疫不全ウイルスなど種々のウイルスや細菌の感染、ストレス、発がん性物質の摂取、腸管の炎症などが複雑にからまって、リンパ球のがん化を促進するとされています。

猫のリンパ腫の分類

リンパ腫は腫瘍ができる部位によっていくつかに分類されています。また、症状も様々です。

縦隔型リンパ腫

胸腔の胸腺や縦隔リンパ節に腫瘤ができ、胸水が溜まります。

猫白血病ウイルスの陽性の若齢の猫に発症する事が多く、胸水のために咳や呼吸困難、チアノーゼといった呼吸器症状が認められます。

また、元気消失や食欲・体重の低下が認められ、嘔吐や下痢が起こることもあります。

消化管型リンパ腫

腸管や腸間膜のリンパ節に腫瘤ができます。シニア期の猫によく認められ、下痢や嘔吐といった消化器系の症状の他、食欲低下や体重減少等が認められます。

また、リンパ腫が大きくなると腸閉塞の原因となったり、腫瘍がある部分の腸管がもろくなって破れ、腹膜炎を起こすこともあります。

中枢神経型リンパ腫

脊髄や脳に腫瘍ができるリンパ種で、不全麻痺や完全麻痺、運動失調のほか、てんかん発作や性格の変化、知覚過敏といった中枢神経系の症状が認められます。
脊髄にできるリンパ腫は通常猫白血病ウイルス陽性の猫に多く見られますが、脳にできるリンパ腫は猫白血病ウイルス陰性の猫でも認められます。

多中心型リンパ腫

体表面のリンパ節が腫れるタイプの悪性リンパ腫で、通常、コリコリと触れるほどリンパ節が大きく腫れあがりますが、痛みはないとされています。

ほとんどは猫白血病ウイルス感染症が基礎疾患としてあり、粘膜の色が薄いといった貧血症状を呈します。

これらの方以外には腎型や皮膚型があります。

猫のリンパ腫の治療と予防

猫の腫瘍 にゃんにゃんネット
リンパ腫の治療は主に抗癌剤を使用した化学療法が行われます。

また、中枢神経型リンパ腫の場合には放射線療法が併用されます。

縦隔型リンパ腫で胸水がたまって呼吸困難を呈している場合には、胸水を抜き取り、呼吸を楽にさせるといった処置をとる対症療法が行われます。

リンパ腫の原因の大半が猫白血病ウイルス感染症なので、ワクチン接種をする事で予防する事ができます。

また、他の猫からの感染を防ぐ為に室内飼育を徹底するなどでも予防する事ができます。

まとめ

1. 良性腫瘍と悪性腫瘍は、転移をするかしないで分類する事ができ、命に関わることがないのが良性腫瘍です。

2. 腫瘍の原因は、老化や発がん性の化学物質、紫外線、ウイルス、ホルモン、遺伝などが複雑に絡み合って発症します。

3. 腫瘍の治療は、手術だけでは根治は難しい病気で、日頃から異常がないかどうかを観察することが重要です。

4. 猫のリンパ腫は、リンパ球が腫瘍化する病気で、猫の場合はその半数以上が猫白血病ウイルスの感染が関与している病気です。

5. リンパ腫の分類は、縦隔型や中枢神経型、多中心型、消化管型などに分類されます。

6. リンパ腫の治療と予防は、化学療法と放射線療法が行われます。また、症状に合わせた対症療法が行われます。

猫の腫瘍は、犬よりも悪性腫瘍になる場合が高く、犬よりも危険度が高い病気です。

また、原因についてはある程度はわかっているので予防する事もできる病気なので、飼い主や家族として徹底した予防法を行う事で愛猫を腫瘍から守る事もできます。

(コラム:ペット専門家 クロさん)