猫のアレルギー ~アトピー性、ノミアレルギー、食餌性アレルギーの症状と治療~

猫のアレルギー にゃんにゃんネット
猫も人同様にアレルギーを発症する場合があります。

アレルギーは原因によっていくつかの種類に分かれていて、治療法も変わってきます。

また、どんな猫にも発症する可能性があるので、飼い主や家族としては注意しなければいけない病気の1つでもあります。

今回はアレルギーの症状と治療について紹介していきたいと思います。

猫のアレルギーとは

猫のアレルギー にゃんにゃんネット
本来、猫も人も自分の体をウイルスや細菌から守る為の防御機能が存在していて、ウイルスや細菌に感染しないようにしています。

ただ、本来は反応しないはずのものまで過剰に反応する事をアレルギーといいます。

アレルギーは主に皮膚に発現する病気なので、発見はしやすい病気といえます。

また、アレルギー症状を起こしている原因であるアレルゲンを取り除けば、症状が改善するので対処もしやすい病気といえます。

アレルギーにかかりやすい猫種は存在せず、どんな年齢でも発症するが、最も多いのが若猫なので、若齢の猫を飼育する場合には注意が必要です。

アレルギーは原因によってアトピー性、ノミアレルギー、食餌性の3つに分類されます。

猫のアトピー性皮膚炎

猫のアレルギー にゃんにゃんネット
ハウスダスト、花粉、カビなどのアレルゲンを吸引或いはこれらに接触する事により感作を受け或いはアレルギー反応が引き起こされて発現します。

ただ、他の個体では感作されない各種アレルゲンに感作されやすい遺伝的体質を持つ猫で認められます。

アトピー性皮膚炎になると、猫は掻痒感から自分で舐めて被毛が抜ける事から分かります。

また、他の症状としては好酸球性肉芽腫症候群・顆粒性皮膚炎の発症、慢性的な外耳炎・結膜炎、顔や耳の強い掻痒感があります。

治療法としては、別の病気が原因でアトピー性皮膚炎を起こしている場合には、その病気の治療が行われます。

また、炎症を軽減する目的でステロイドや抗ヒスタミン薬などが投与されますが、ステロイドは医原性のクッシング症候群、抗ヒスタミン薬は食欲不振、嘔吐、下痢といった副作用を引き起こすことがあります

皮膚や被毛を清潔にするためにシャンプーを行ったり、ダニやほこり、花粉などを極力取り除くためにこまめに掃除も行う事も大切です。
→天然成分に徹底的にこだわり、肌と被毛の潤いをケアする「ヨロチコシャンプー」

また、アトピー性皮膚炎を起こす猫の場合、ノミアレルギー性皮膚炎を起こしやすい傾向があるので、ノミの予防も行うようにしましょう。

猫のノミアレルギー性皮膚炎

猫のアレルギー にゃんにゃんネット
ノミアレルギーはノミに対して過剰に反応した結果、発症します。また、ノミが少数でも発症します。

ノミ取り首輪の薬品やその素材が原因で起こる事もあるので、注意が必要です。

症状としては、背部の中心部から臀部にかけて脱毛、丘疹並びに痂皮が認められます。

また、粟粒性皮膚炎も症状の1つです。

掻痒感や貧血も起こりますが、貧血は重症になった際に発現する症状なので、貧血を起こした場合にはすぐに対処する事が重要となります。

治療としては、症状の軽減を目的として行われます。アレルギー反応を軽減する抗アレルギー薬や掻痒感を抑える抗掻痒薬などが投与されて、症状の改善を目指します。

また、ノミを殺す為の薬剤の投与が行われます。

ノミは成虫を殺すだけではダメで、卵、幼虫、さなぎといった他の様態にあるノミもまた、環境中から一掃する必要があります。

そのため、「掃除機をまめに掛ける」、「掃除機のごみパックをすぐに交換する」、「シーツや布製品をこまめに洗濯する」といった日々の努力が必要となります。

スポンサーリンク





ノミアレルギー性皮膚炎はノミの予防・駆除薬を使用することで予防できます。

猫の体表にいるノミの成虫を退治するだけでなく、室内のあちこちに散らばっているノミの卵や孵化した幼虫、サナギにも効果のある予防・駆除薬もあります。

また、ノミの予防・駆除薬には投与後の有効期間があるため、定期的な投与が必要である。

ただし、「ペルメトリン」と呼ばれる成分を含んだ製品を、猫に使用してはいけません

この成分は犬のノミダニ薬として使用されているが、誤って猫に用いてしまうと最悪のケースでは死んでしまう危険性があります。

猫の食餌性アレルギー

猫のアレルギー にゃんにゃんネット
食餌性アレルギーは、アレルゲンである食べ物を食べたことで発症します。

発症しやすい食材としては、牛肉・豚肉・鶏肉・卵白・卵黄・牛乳・小麦・大豆・トウモロコシ・ラム肉などがあります。

また、ヒスタミンを高濃度に含有している食品を摂取することで一時的に発症することがあります。

その他には消化管粘膜に損傷があると、アレルゲンの異常な吸収を起こして発症に繋がることがあります。

症状としては全身の掻痒感、掻痒感から引っ掻いたりする事で被毛が抜けたりします。

また、食べ物がアレルゲンとなるので嘔吐や下痢、腹部の膨満などが引き起こります。

さらに、発熱や膿皮症の併発、外耳炎などが引き起こります。

食べ物が原因なので、その食材が含まれていないキャットフードやおやつを食べさせるようにします。

また、膿皮症や外耳炎を併発しているときなどは、抗生物質や抗真菌薬を投与して症状の改善に努めます。

さらに、一時しのぎとしてかゆみ止めや抗炎症薬が投与されることもあります。

→洗濯物と一緒に入れるだけ!猫の抜け毛をしっかり除去するフリーランドリー

まとめ

1. アレルギーとは、物質や食べ物などのアレルゲンに対して過剰に反応する事です。

2. アトピー性皮膚炎は、ハウスダスト、花粉、カビなどがアレルゲンとなり、顔や耳の強い掻痒感が起こり、掻痒感から被毛を舐めたり、噛んだり、引っ掻いたりして被毛が抜けます。

3. ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミが原因で起こるアレルギーで背部の中心部から臀部にかけて脱毛、丘疹並びに痂皮が認められます。

4. 食餌性アレルギーは食べ物が原因で起こり、掻痒感だけでなく下痢や嘔吐などの症状が発現します。

猫のアレルギーは、予防する事ができる病気です。また、動物病院ではどの物質がアレルゲンとなるかを調べる事ができます。

アレルギー症状が発現する前に調べておくと、大事な家族である愛猫に余計な負担をかけないで済みます。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク