猫の骨や関節の病気がわからない人へ!骨折の原因と対処法

猫の骨折 にゃんにゃんネット
猫の骨や関節の病気としては、骨折があります。

猫はバランス感覚に優れた動物で、高い場所から落ちたとしてもうまく着地をして骨折する事はあまりない動物です。

ただ、交通事故などによって骨折をする事があります。

今回は、猫の骨折について紹介していきたいと思います。

猫の骨折とは

骨折とは、交通事故や落下などの外力により骨の連続性が完全又は不完全に断たれた状態をいいます。

さらに、完全骨折は横骨折、斜骨折、螺旋骨折、陥凹骨折、粉砕骨折、剥離骨折、圧迫骨折に分類され、不完全骨折とは栄養性二次性上皮小体機能亢進症でよく認められます。

猫の骨折の原因

猫の骨折 にゃんにゃんネット
骨折は、外傷性骨折病的骨折に分類されます。

猫の外傷性骨折の原因

猫では、交通事故や落下事故で発症する事が多いですが、稀に犬に噛まれた事により骨折する場合もあります。

交通事故では様々な部位の骨折が発症しますが、特に骨盤骨折と大腿骨複雑骨折の割合が高い傾向にあります。

また、骨折部位が筋肉や皮膚を破り、体外に突出する解放骨折も猫では多い傾向にあります。

猫は人と同じように関節が柔らかく、ある程度の高さであれば衝撃を吸収する事ができるので骨折する事はありませんが、マンションなどの高層住宅から落下した場合には当然ながら骨折してしまいます。

また、落下事故は前肢の骨折・下顎骨折・頭部陥凹骨折が起こりやすい傾向にあります。

ベランダの手すりに布団やカーペットを干した時に猫が飛び乗り、共に落下する事が多いので注意が必要です。

猫の病的骨折の原因

病的骨折は病気が原因で骨折が起こる状態です。

ただ、猫の場合は骨腫瘍などによる二次的骨折は稀とされています。

なので、猫の病的骨折で注意しなければいけないのは栄養性二次性上皮小体機能亢進症です。

栄養性二次性上皮小体機能亢進症は、仔猫にとって必要なカルシウム量に満たない牛乳や人間用のミルクを与えるなどの栄養の不均衡によるミネラルのアンバランスが原因で、骨が弱くなる病気です。

X線像では骨皮質が薄く、青竹が折れるような骨折が起こしやすく、脊椎が彎曲し、歩様できなくなることもある病気ですが、リンの多い生肉の多食を避けて、猫専用のミルクで育てる事により予防する事ができます。

猫が骨折をした際の対処法

猫の骨折 にゃんにゃんネット
骨折をした場合にはすぐに動物病院で治療を受ける必要がありますが、飼い主や家族としてできる対処法があります。

ただ、骨折をした猫は患部を触れられる事を嫌がり、普段は大人しい猫でも攻撃性を見せる事もあるので、猫が興奮状態になる場合には対処法を施す事はしないほうがいいですが、どうにか触れられる場合には対処法を施すようにしましょう。

板やボール紙などに綿を巻いた簡易の副木を、骨折部に最も近い関節にあて、きつくなりすぎないように固定します。

また、強くしすぎると血管を圧迫してしまい、猫に余計な痛みを与えるだけなので、きつくしすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク




猫が骨折をした際に発現する症状

落下と比べて交通事故は、骨折に伴って血管、筋肉や神経の損傷が激しく、事故直後ではショック症状が発現しているので、全身的な治療が必要とされます。

また、骨折した場所により症状は様々ですが、頭部の骨折では歯の破折・眼球損傷・鼻出血・流涎などが症状として認められます。

四肢の骨折では歩行困難・跛行・熱感・疼痛が症状として認められます。

これらの症状の他の症状としては、患部の変形・口が閉じられない・急に運動しなくなる・排泄をコントロールできなくなるといった症状が発現します。

猫の骨折の治療法

猫の骨折 にゃんにゃんネット
骨折の治療としては、仮骨の形成、仮骨の血管新生、仮骨の骨化及び仮骨の再構築が必要です。

また、それぞれの症状により外科的修復、ギブスなどの外的補助、内科的治療を伴った温存療法などが施されます

骨折した部分を固定する方法としては、包帯やギプスを骨折部の外側から装着する外固定法、外枠と骨折部とを特殊なピンで固定してしまう創外固定法、骨同士をワイヤーや金属板などで直接固定してしまう内固定法などがあります。

ただ、猫の場合は包帯やギブスを装着する事を嫌がる傾向にあるので患部が完全に治癒するまで固定具を手付かずの状態でキープすることは至難の業です。

その為に猫の骨折は治療がしにくいといわれています。

また、骨折したのがしっぽである場合、しっぽを通っている尾骨神経を経由して骨盤神経、陰部神経、下腹神経といった他の神経が障害を受ける場合があります。

その結果として排尿・排便困難が生じてしまったときは、カテーテルの挿入(排尿補助)や軟便剤の注入(排便補助)によって排泄の補助を行います。

猫の骨折の予防

猫の骨折 にゃんにゃんネット
骨折の予防としては、猫を室外に出さないようにします。

また、マンションなどの高層住宅に住んでいる場合にはベランダから落下しないように窓を開けっぱなしにしないようにしたり、猫をベランダに出す場合には目を離さないようにしたりといった事を注意しましょう。

骨折をしにくくするために、仔猫の頃から栄養バランスのとれた食餌を食べさせて、適度に運動させる事で骨の健全な成長を図る事が重要です。

まとめ

1. 骨折とは、交通事故や落下などの外力により骨の連続性が完全又は不完全に断たれた状態をいいます。

2. 骨折の原因には、外傷性骨折と病的骨折の2つに分類されます。

3. 骨折をした際の対処法は、比較的大人しい場合には副木をして動物病院へ連れていきます。

4. 骨折をした際に発現する症状は、歩行困難・跛行・熱感・疼痛などが発現します。

5. 骨折の治療法は、外科的修復、ギブスなどの外的補助、内科的治療を伴った温存療法などが施されます。

6. 骨折の予防は、猫を室外に出さないようにしたり、目を離さないようにしたりします。

猫の骨折は、交通事故や落下事故などが原因で起こる場合と病気が原因で起こる場合があります。

また、骨折は予防しようと思えば予防する事ができるので、飼い主や家族は猫が交通事故や落下事故に遭わないように日頃から注意しましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)