猫の耳の病気についてわからない人へ!外耳炎の原因と症状

猫の耳の病気としては、外耳炎があります。

外耳炎は、耳介と外耳道に起こる急性と慢性に分類される炎症が発現する病気です。

また、外耳炎は原因によっていくつかの種類に分類され、治療法が変わってきます
猫の外耳炎 にゃんにゃんネット
今回は、外耳炎の原因と症状について紹介していきたいと思います。

猫の外耳炎とは?

外耳とは、耳介と外耳道からなり、鼓膜に音を伝える集音器の役目を担う器官です。

猫の外耳道は、犬と同じように耳介から垂直方向に降りる縦穴のような「垂直耳道」と垂直耳道の突き当りから水平方向に伸びる横穴のような「水平耳道」があります。

外耳炎はこの耳介と外耳道に炎症が起こった状態をいいます。

ただ、猫の場合は耳が立っている事や外耳道内に被毛がない事により通気性が良く、犬に比較すると外耳道の炎症の発症頻度は低いとされています。

猫の外耳炎の原因と分類

猫の外耳炎 にゃんにゃんネット
外耳炎は、原因によっていくつかの種類によって分類されています。

原因としては、外傷・寄生虫・細菌・真菌・腫瘍・アレルギーなどがあります。

外傷性外耳炎

外傷性外耳炎は、主に発情時の喧嘩が原因となり、耳介に外傷が生じて細菌感染などによって引き起こされます。

また、この外傷性外耳炎は発情時に起こる事が多いので、去勢・避妊手術をする事で発症頻度を下げる事ができます。

寄生虫性外耳炎

ミミヒゼンダニによる耳疥癬がある場合、ダニが付けた傷や放出した排せつ物が引き金となって炎症が起こります。

また、発症頻度は低いものの、ニキビダニ、ヒゼンダニ、ネコショウセンコウヒゼンダニが原因になることもあるので注意が必要です。

掻痒感から耳を振ったり、後肢で耳を掻いたりする事で外傷性外耳炎を引き起こす場合もあります。

真菌性外耳炎

真菌性外耳炎は耳介部で皮膚糸状菌は原因となり、被毛が円形に脱毛し、痂皮を形成します。

また、外耳道内では酵母様真菌が原因となり、タール様の耳垢の分泌が確認されます。

細菌性外耳炎

主に黄色ブドウ球菌が原因となりますが、稀に緑膿菌や大腸菌などによることもあります。

また、耳道内に悪臭を伴う膿汁が認められる事が多いようです。

アレルギー性外耳炎

アレルギー性外耳炎としては、アトピー性或いは食餌性アレルギーが原因となり、左右対称性に耳介前緑に激しい掻痒感を伴った発赤が認められます。

腫瘍性外耳炎

外耳に腫瘍ができた場合にも外耳炎が引き起こされます。

特にカラーがホワイト系のシニア期の猫の場合、耳介に治りにくい潰瘍がある場合には扁平上皮癌が疑われます。

異物性外耳炎

昆虫類、植物の種子及び薬品などの外耳道への侵入により外耳炎が引き起こされる事があります。

スポンサーリンク




猫の外耳炎の症状

猫の外耳炎 にゃんにゃんネット
外耳炎の症状としては、臭いのある耳垢が溜まったり、耳が臭くなったりします

更に、掻痒感から耳をしきりに振ったり、頭を振ったりします

また、外耳道の皮膚が厚くなったり、耳道が狭くなったり、鼓膜が破れたりといった症状が発現します。

猫が耳や頭をしきりに振ったり、耳を掻いたりしている場合には外耳炎が疑われるので、動物病院で診察を受けるようにしましょう。

外耳炎の治療

猫の外耳炎 にゃんにゃんネット
外耳炎の治療は、外耳炎の分類によって変わってきます

寄生虫が原因になっている場合は、洗浄剤を用いて耳をきれいにし、抗ダニ薬を局所的に塗布し、その後殺疥癬効果のある薬を投与します。

なお、洗浄液を使用する場合は、事前に鼓膜が破れていないことを確認する必要があります。

アトピー性や接触性アレルギーなどが原因になっている場合は、アレルギーを引き起こしているアレルゲンを環境中から一掃するよう事によって症状は改善します。

耳の中の異物が炎症を引き起こしている場合は、異物を除去しますが、耳垢、被毛、植物の種などは簡単ですが、腫瘍やポリープといった場合は時として手術が必要になることもあります。

細菌や真菌が原因になっている場合は、抗菌薬や抗真菌薬が投与されますが、原因菌を正確に突き止めておくと治療効果が高まります。

猫の外耳炎の予防

外耳炎の予防としては、ブラッシングの際に耳に異常がないか確認するようにしましょう。

また、常日頃の観察も大切となります。

飼い主や家族が適切な耳のケアを怠ると、外耳炎に気付かないまま症状が悪化していますので定期的な耳の手入れをする必要もあります。

ただ、猫の耳の構造は人とは違うので人の耳掃除の要領で行うと、外耳道を傷つけてしまう場合もあるので、耳の手入れは動物病院で行うようにしましょう。

まとめ

1. 外耳炎とは、耳介と外耳道に炎症が生じた状態です。

2. 外耳炎の原因と分類は、外傷・寄生虫・細菌・真菌・腫瘍・アレルギーなどが原因となり、外傷性や寄生虫性などの外耳炎に分類されます。

3. 外耳炎の症状は、耳が臭くなったり、掻痒感が出たりします。また、掻痒感から耳や頭を振ったりします。

4. 外耳炎の治療は、原因によって治療法も変わってくるので、原因を特定する事が重要となります。

5. 外耳炎の予防は、定期的な耳の手入れと常日頃からの観察が重要となります。

猫の外耳炎は犬と比較すると発症頻度は低いですが、猫でも発症する事があります。

なので、ブラッシングやスキンシップの際に耳に異常かないか確認して、異常が確認された場合には動物病院で診察を受けるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク