猫の目の病気・結膜炎 ~飼い主が気をつけたい病気。結膜炎の種類や原因、症状~

猫の目の病気としては、結膜炎があります。
猫の結膜炎は、眼球の白目からまぶたの裏側を覆っている結膜と呼ばれる膜に炎症が発生した状態です。
%e7%8c%ab%e3%81%ae%e7%97%85%e6%b0%97%e3%80%80%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%881-1
命に関わる事は少ないですが、目が開かなくなることもある病気なので、飼い主や家族としては気を付けてあげたい病気の1つです。

今回は、結膜炎について紹介していきたいと思います。

猫の結膜炎とは?

%e7%8c%ab%e3%81%ae%e7%97%85%e6%b0%97%e3%80%80%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%881-2
結膜炎は、眼球の白目からまぶたの裏側を覆っている結膜と呼ばれる膜に炎症が発生した状態です。

結膜は、まぶたの内側を覆っている「眼瞼結膜」と眼球の前方部分を覆っている「眼球結膜」とがあります。
結膜炎はどちらでも発症する可能性があります。

また、結膜炎は以下の4つの種類に分かれています。

急性カタル性結膜炎

急性カタル性結膜炎は、涙の量が多くなり、涙が次第に粘度が増していきジュースのような涙になっていきます。

また、多くの症例でチェリーアイを伴います。

慢性カタル性結膜炎

このタイプの結膜炎は、急性カタル性結膜炎と比較すると症状は軽く、結膜が多少厚くなり、ねばっこい分泌物を出します。

急性化膿性結膜炎

カタル性結膜炎が発展して発症します。
二次感染によって症状が重くなり、黄緑色の膿を排出するようになります。

結膜が真っ赤に変色してひだ状に変形し、多くの場合角膜炎を伴います。

子猫や若齢猫に多い症状で、目が開く前の新生子に結膜炎が生じた場合は、ときに「新生子性結膜炎」と呼び分けられることがあります。

細菌とウイルスが入り混じった状態で、まるでまぶたが接着剤でくっついたように見えるのが特徴の結膜炎です。

慢性化膿性結膜炎

目から膿のような分泌物が出て、上下のまぶたがくっついてしまう結膜炎です。

結膜は充血して腫れあがり、凹凸状に変形し、角膜の表面がひどく変性し、新生血管を生じることもあります。

猫の結膜炎の原因

%e7%8c%ab%e3%81%ae%e7%97%85%e6%b0%97%e3%80%80%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%881-3
結膜炎の原因としては、目の中に異物が入り、炎症が起こり、結膜炎が起こります
また、異物としてはゴミ、シャンプー、花粉、粉じん、揮発性有機化合物などがあります。

さらに、ウイルスや細菌に感染することでも発症します。

ウイルスとしては猫ウイルス性鼻気管炎や猫カリシウイルス感染症などがあるので、これらのウイルス性の病気に感染すると結膜炎を起こす場合もあります。

また、角膜炎、ドライアイ、流涙症、ブドウ膜炎、緑内障、副鼻腔炎などに罹患している場合には結膜炎を引き起こす場合もあります。

→天然成分に徹底的にこだわり、肌と被毛の潤いをケアする「ヨロチコシャンプー」

スポンサーリンク




猫の結膜炎の症状

%e7%8c%ab%e3%81%ae%e7%97%85%e6%b0%97%e3%80%80%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%881-4
結膜炎の症状としては、結膜が充血したり、赤くはれたり、痒みや痛みを伴うので目を擦ったりします

また、結膜炎になると涙を流す為に目の周りが濡れたり、悪化すると目ヤニが出てきて、目の周りが汚れたり、目が開かなくなります

ヘルペスウイルスなどによる呼吸器感染症から結膜炎を発症した場合は、目の症状だけでなく、くしゃみや鼻水といった呼吸器症状も認められます。

猫の結膜炎の治療

結膜炎に罹患すると、炎症を抑えるための治療が行われます。

目の周りを放散水などで洗浄して、目の周りを常に清潔に保つようにします。

細菌やウイルスが原因の場合には、ウイルスや細菌を取り除く事も大切です。

また、いったんは治ったように見えても、多くの場合はウイルスを保有したままの状態であるので、猫白血病ウイルス感染症や猫エイズウイルス感染症などで免疫力が低下したときに再発してしまうこともしばしば起こるので、免疫力が低下しないように健康管理をする事が大切です。

猫が結膜炎にならないようにする為に必要な事

%e7%8c%ab%e3%81%ae%e7%97%85%e6%b0%97%e3%80%80%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%ab%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%881-5
結膜炎にならないようにする為には、ウイルスの感染を予防するためにワクチン接種を行う事が重要です。

また、飼い主や家族がウイルスを媒介しないように猫を触る前に手や服を消毒する事が大切です。

まとめ

1. 結膜炎とは、結膜で炎症が起こった状態で、状態によって4つに分類されます。

2. 結膜炎の原因は、目の中に異物が入ったり、ウイルスや細菌に感染する事が原因となります。

3. 結膜炎の症状は、結膜が充血したり、赤く腫れたりします。また、痛みや痒みから目を擦るので、飼い主や家族としては気づきやすい症状です。

4. 結膜炎の治療は、結膜の炎症を抑えます。また、目の周りを清潔に保つようにします。

5. 結膜炎にならないようにする為に必要な事は、ワクチン接種や清潔にする事が大切です。

猫の結膜炎は、ウイルスや細菌の感染、目の中に異物が入る事で発症しますが、目を擦ったりするので発見する事は難しい病気ではありません。

また、結膜が炎症を起こしているかどうかは、まぶたを強引に押し上げるか、「あっかんべー」の要領で、下まぶたを強引に押し下げる事で確認する事ができます。

結膜炎は原因に関してはわかっているので、予防する事ができる病気なので、愛猫に余計な負担をかけないようにしっかりと予防する事が大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク