猫の臭い対策がわからない人へ!猫の臭いの原因と対策

猫はきれい好きの動物とされますが、猫を飼育すると臭いがきつくなる場合がありますね。
猫の臭いの原因にはどういったものがあるのでしょうか?また、臭いがきついと一緒に生活するのは大変ですね。更に、衛生的にもよくない場合があります。

今回は、猫の臭いの原因とその対策について紹介していきたいと思います。

猫の臭いの原因は体臭ではない?

にゃんにゃん21-2
犬の臭いは基本的には体臭である事が殆どですが、猫はきれい好きな動物なので、あまり体臭はしません。これは、犬と猫では少し性質が違うからです。犬も猫も狩猟するタイプの動物ですが、犬は豊富なスタミナを使って狩猟していましたが、猫はスタミナが少ない為に待ち伏せ型の狩猟スタイルを取っていたために臭いがする事は相手に場所を教えてしまう為に厳禁だったので、体臭がしないように清潔にしておくことが生きていく上で必要でした。なので、猫は体臭が少ない動物ですが、臭いがきつい場合があります。その原因は、排泄物と食餌の食べ残しといわれます。
また、猫はトイレをする場合にはトイレの砂の下に埋めてしまうので、あまり臭いがしない事もありますが、それを放置すると臭いがきつくなる原因となってしまいます。
さらに、食べ残しの食餌があると、酸化をしてしまい、それが臭いの原因にもなってしまいます。これは、水分量が少ないドライフードでも長時間置いておくと参加をしてしまうので注意が必要です。

猫に体臭がし始めると体調不良のサイン!

にゃんにゃん4-3
きれい好きな猫は、こまめな毛づくろいをするために臭いがしないだけでなく、常に毛並みが整っています。また、猫はよく日向で昼寝をしている様子を見ますね。これは、被毛を乾かす効果だけでなく、細菌やカビの増殖をする事を防ぐ効果があります。
なので、体臭がし始めたり、毛並みが悪くなってきた場合には体調が悪くなっているサインといえるので、動物病院で診察を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク





また、歯石が溜まったり、口臭が強くなる事も疾患の可能性があります。さらに、犬や猫の校門付近には左右の肛門嚢には臭いがきつい液体が溜まってしまう事があります。これは、トイレをする際に排出されますが、室内飼育の犬や猫の場合はたまりやすいといわれるので、体臭がきつくなった際には溜まっていないかを確認するようにしましょう。

猫の臭い対策

にゃんにゃん2-3
猫の臭いの対策としては、臭いの原因が排泄物の場合は猫がトイレをしたらすぐに片付けるようにします。そうする事で、臭いはずいぶん軽減する事ができます。
また、キャットフードの中には排泄物の臭いを軽減するフードが市販されているので、そういったキャットフードを使用する事も1つの方法です。
さらに、トイレの臭いがどうしても取れない場合には空気清浄機を利用したり、勘気をこまめにするなどの工夫をする事も臭い対策の1つといえます。
猫のトイレの中にも消臭効果の高いトイレやトイレの砂なども販売されているのでそういったものを使用しましょう。
また、トイレのタイプによってはトイレをした際にトイレの砂が飛び散ったり、被毛が抜けたりして部屋が汚れる場合もあるので、毎日掃除をして常にきれいにしておくようにしておくことも大切です。
さらに、トイレが汚い状態のまま放置すると、猫はそこでトイレをしなくなってしまい、他の場所でトイレをしたり、我慢をした結果、下部尿路疾患や便秘になってしまう事もあるので、毎日清潔に保つようにしましょう。
食餌の食べ残しに関しては、食べきれる量を食べさせるようにして、食べ残しが出ないように食べさせることが大切です。また、食べ終わった食器はそのままにせずに、すぐに洗って清潔にしておきましょう。
食べ残した場合には、そのままにしておくと猫の唾液がついているので、衛生的に良くない為に片づけるようにします。

まとめ

1. 猫の臭いの原因は体臭ではない?は、猫は綺麗好きなので体臭が匂うという事は少ないですが、排泄物や食べ残しなどによって匂いがきつくなる場合はあります。
2. 猫に体臭がし始めると体調不良のサイン!は、綺麗好きな猫の臭いがきつくなった場合は体調の変化や疾患の可能性があるので、よく観察して日頃とは違う部分がないか確認しましょう。
3. 猫の臭い対策は、排泄物や食餌の食べ残しをすぐに片付けたり、空気清浄機などを使って常に清潔にしておくことが大切です。

猫の臭いは、何もしない状態で放置しておくとかなりの臭いとなりますが、的確な臭い対策と健康管理を行えば、犬よりは臭いが少なく、飼育しやすい動物といえます。
臭い対策は、常に清潔にしておくことと考えて、行動すれば問題なくできる事ばかりなので、しっかりと臭い対策を行い、人、猫共に生活しやすい環境で一緒に矯正をしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク