猫の火葬がわからない人へ!猫の火葬の必要性と火葬の方法

大事な家族である愛猫が亡くなった際の埋葬方法としてはいくつかありますが、火葬という方法を選択する飼い主や家族が多くなり、一般化してきました。
なぜ、多くの飼い主や家族が課そうという方法を選択しているのでしょうか?また、火葬にはどういった方法があるのでしょうか?
にゃんにゃん17-1-1
今回は、猫の火葬について紹介していきたいと思います。

猫の火葬をする理由

にゃんにゃん17-2
大事な家族の一員でもある愛猫が亡くなった際に、ご遺体を庭やペット霊園に埋葬する前に火葬をする飼い主や家族が多くなってきています。
猫だけではありませんが、猫がなくなる理由としては病気や老齢だけでなく、事故や突然死などの心の準備がない状態で虹の橋を渡ってしまう場合もあります。
飼い主や家族としては大事な家族がいなくなったことによって、ペットロス症候群が悪化してしまう場合もあります。
それを防ぐために、最近では火葬だけでなく、人のように葬式をする場合もあります。しっかりと愛猫との別れの機会を作る事で、ひどいペットロス症候群になる事を防ぎます。
ペットロス症候群は、ペットがなくなる事などによって精神的や身体的な症状が出る事です。ただ、家族であるペットが亡くなるので、大きなショックな出来事であり、ペットロス症候群になる事は自然な事といえます。なので、ひどくならないようにペットの死をしっかりと受け止める事で立ち直りが早くなる為に、火葬を含めて別れの機会を作る事が大切です。

猫の火葬の方法

にゃんにゃん17-3
火葬には個別火葬と合同火葬があります。
個別火葬は、1頭1頭火葬してもらう方法で、立ち会いやお骨拾いをできる場合があり、遺骨を骨壺に入れて引き渡してもらう事ができます。
また、合同火葬は、南東化のご遺体をまとめて火葬する方法で、この場合は遺骨を引き取る事ができません。

スポンサーリンク




猫の火葬をしてくれる施設

にゃんにゃん17-4
火葬をしてもらえる施設としては、公的な施設としてはクリーンセンターでも行う事ができますが、ゴミに近い扱いになってしまうので、おすすめできる施設はありません。
民間にも火葬業者があります。業者によってピンキリですが、しっかりとした業者であれば、飼い主や家族として満足のいく火葬をしてくれます。また、業者によっては自宅までご遺体を取りに来てくれるところもあります。
また、火葬業者には、ペット霊園が行っている場合もあり、そのままそこの墓地で供養してくれるところもあります。

自宅でも猫の火葬できる?

にゃんにゃん17-5
火葬業者やペット霊園まで行くのではなく、愛猫と生活をした自宅で最期の時を迎えたい人には移動式火葬車が便利です。
火葬をする設備をした専用の車によって自宅などの希望した場所でも火葬をしてくれます。また、自宅で火葬をした場合でも煙などが出ないようになっているので安心です。
さらに、愛猫と一緒に火葬できるものとして、花や好きだった食べ物、小さな金物やプラスチックではない愛用品です。移動式火葬車は一般的には重さが10㎏までとなっていますが、業者の中には20~30kg以上も可能な場合もあります。

猫の火葬の料金

にゃんにゃん17-6
火葬の料金は、民間の火葬業者であれば、体重によっても変わったり、火葬の方法によっても変わってきますが、15,000~30,000円が相場です。
また、業者によっても高くになったり、安くなったりと変わってきますので、飼い主や家族が納得のするサービスがある火葬業者を選びましょう。

まとめ

1. 猫を火葬をする理由は、大事な愛猫との最後の別れの時間であり、愛猫の死を認識し、ペットロス症候群から立ち直る事にとって大切な事です。
2. 火葬の方法は、個別と合同がありますが、遺骨を大事に残したいと思うのであれば、個別火葬がおすすめです。
3. 火葬をしてくれる施設は、クリーンセンターでもできますが、ここは殆どごみと一緒の扱いをされ、遺骨も残らないのであまりお勧めはできません。また、民間の火葬業者の中にも悪徳業者がいるので、じっくりと℃の火葬業者であれば納得のいく火葬をしてくれるのかを見分ける必要があります。
4. 自宅でも火葬できる?は、移動式の火葬車が自宅などに来て呉れる為にご遺体を持って移動する必要はなく、遺骨も引き渡してくれるので、飼い主や家族としては手間がかからない方法といえます。
5. 火葬の料金は、犬ほど高くはありませんが、ある程度はするのでどの業者を利用するかを事前に検討しておくと、実際に火葬する際に迷わずに済みます。

猫の火葬は、飼い主や家族としては愛猫の死を認識する事になり、完全に忘れる事はないにしても、一区切りをつける大事な機会です。
なので、どの火葬業者を利用するかは大事なことです。料金やサービス内容によって事前に比較してどこを利用するかを決めておくようにしておきましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク