猫の多頭飼育 ~猫同士の相性が大切!多頭飼育の方法とメリットデメリット~

猫はもともと単独行動を好動物なので、単頭飼育が一般的な飼育方法ですが、複数の猫が一緒に遊んでいる姿を見るのは飼い主や家族としては楽しいものですよね。

では、どんな猫でも多頭飼育をする事ができるかというとそういうわけではありません。また、多頭飼育をする事によって起こるメリットもデメリットも存在します。
にゃんにゃん15-1-1
今回は、猫の多頭飼育の方法とメリットデメリットについて紹介していきたいと思います。

猫の多頭飼育

にゃんにゃん15-2
猫の多頭飼育は、猫同士の中が不仲の場合には、常に喧嘩をする可能性はあり、その結果、怪我に繋がったり、不適切なマーキングやトイレ以外の場所で排泄をするようになってしまう事があり、猫の多頭飼育をする場合には猫同士の相性が大切です

人でもそうですが、嫌な人と一緒の空間に長時間いる事は苦痛ですよね。猫も一緒です。飼い主や家族がどうしても多頭飼育をしたいと考えるのであれば、先住猫の相性がいい猫を連れてくるようにしましょう。

さらに、多頭飼育する場合には、十分な飼育スペースが確保する事も大切です。
猫の多頭飼育は、猫の世話や動物病院にかかる費用など猫の飼育数分増えていきます。

また、マンションなどでは猫を飼育する場合には、飼育頭数が限られている場合もあるので、事前確認が必要となります。

→お部屋についたおしっこなどの臭いの原因を元から分解!消臭剤カンファペット

猫の多頭飼育をするメリット

にゃんにゃん15-3
猫の多頭飼育のメリットとしては、猫にとっては遊ぶ相手が増えて、完全室内飼育では運動不足になりやすいですが、多頭飼育すると運動不足が解消されたり、飼い主や家族が日中にいない間でも寂しいと感じる事が緩和される事などがあります

ただ、遊ぶ事と喧嘩は違います。飼い主や家族は遊んでいると思って放置しておいた結果、怪我をしてしまっては意味がありません。少しの怪我であれば、そこまで気にする必要はありませんが、万が一、大きなけがをするであれば別に飼育する事を考えましょう

スポンサーリンク





また、飼い主や家族としても猫同士が遊んでいる姿や一緒に並んで寝ている姿を見る事は、楽しいものです。これも猫の多頭飼育をするメリットの1つですね。

猫の多頭飼育のデメリット

にゃんにゃん15-4
猫の多頭飼育のデメリットは、まずは悪戯が好きな猫が複数になるので、悪戯もその飼育数分増加します。また、飼育費用もその飼育分増加します。なので、多頭飼育するにはそのことは覚悟しておく必要があります。

更に、感染症に1頭が罹患すると、伝染する可能性があり、隔離する必要などがあり、万が一、一緒に生活する猫にも感染すればさらに治療費がかかる事になり、経済的に大変にも猫の世話的にも大変となります。

多頭飼育をする際に注意するべきこと

にゃんにゃん15-5-1
猫を多頭飼育をする場合に大切な事は、どんな場合でも先住猫を優先するという事です。食餌でも遊びでも何事も先に飼育している先住猫を優先するようにしましょう。

また、いきなり一緒にすると、双方にストレスがかかるので、まずはお互いの臭いがついたものを渡しておくことで、双方の猫があった時のストレスを軽減するようにします

また、双方の猫が慣れるまでは一緒にする時間を短い時間だけにして、少しずつ慣れさせていきます。初対面の時は特に喧嘩に発展する事も考えられるので、初対面時はそれぞれケージやキャリーケースに入れた状態で対面させるようにしましょう。

猫の多頭飼育する場合には、相性が大切です。特に1匹が大好きなタイプや年を重ねたシニア期の猫の場合は他の猫と仲良くする事ができにくいといわれているので注意が必要です。

多頭飼育をする前にもともと飼育している猫がどういった性格をした猫かどうかを理解して、多頭飼育ができるかどうかをよく検討しましょう。

また、多頭飼育をする際には性別を注意しなければいけません。オスとメスを一緒にする場合には、仔猫を望まないのであれば事前に避妊去勢手術を受けるようにして、交尾や妊娠をしないようにしましょう。猫は人とは違って多産動物なので、その世話も大変となります。

まとめ

1. 猫の多頭飼育は、楽しい事も沢山はありますが、大変なこともあるのでそのことは多頭飼育を始める前に理解しておきましょう。

2. 猫の多頭飼育をするメリットは、1頭だけでもしぐさが可愛らしい猫が複数いればその分だけかわいいと思う事も沢山あり、猫にとっても遊び相手ができたことで運動不足の解消やストレス解消にもなります。

3. 猫の多頭飼育のデメリットは、手間や費用が飼育頭数分増えて、大変となります。また、感染症に罹患した場合には感染が拡大してしまう可能性があり、感染が拡大しないようにする事が大切です。

4. 多頭飼育をする際に注意しなければいけない事は、先住猫を常に優先していき、先住猫と新しく家に迎えた猫双方にストレスがかからないようにする事が大切です。

猫の多頭飼育は、猫の本来の習性上はあまり向かないとは言えますが、猫の相性によっては行う事ができます。ただ、多頭飼育する場合にはいくつか注意しなければいけない事があります。また、世話も費用も倍となるので、飼い主や家族の負担も大きくなるので、そのことは考えておく必要があります。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク