猫のシャンプーの仕方がわからない人へ!猫のシャンプーの必要性と方法

猫にもシャンプーは必要だと考えて愛猫にシャンプーを行う飼い主や家族もいると思います。
ですが、猫はシャンプーが必要な動物ではありません。

では、なぜ猫にシャンプーをする人が増えたのでしょうか?また、人や犬と同じようなシャンプーの方法で行って大丈夫なのでしょうか?
にゃんにゃん14-1
今回は、シャンプーの必要性とその方法について紹介していきたいと思います。

猫の唾液がシャンプーの代わり?

にゃんにゃん14-2
当然ですが。自然下ではシャンプーをする猫というのは存在しません。ですが、猫は待ち伏せ型の狩猟を得意とした動物なので、匂いがしては狩猟は成功しません。なので、猫は匂いを含めて清潔にしていました

その際ににおいや清潔を保つために使用していたのは、自分の唾液です。猫の唾液は、殺菌作用があり、これが人でいうシャンプーの代わりになり、猫自身を清潔に保つ役割を担っています

猫のシャンプーは必要ではない?

にゃんにゃん14-3
猫は、唾液によって体を清潔にするためにシャンプーは必要ではありません。ただ、猫は換毛期があり、毛づくろいをする事によって被毛を飲み込み、毛球症や体の中でできた毛玉が腸で詰まる腸閉塞を引き起こす可能性があるため、シャンプーをする事によって抜け毛対策や毛玉対策にはなるので、まったくシャンプーをする必要があるわけではありません。

また、猫は基本的に体が水で濡れる事を嫌います。なので、シャンプーをする際にはかなり激しい抵抗をします。これは、猫の祖先とされるリビアヤマネコに理由があるとされます。

リビアヤマネコが生息していた場所は昼夜の寒暖差が激しい砂漠地域の為に、体が濡れている時か熱によって体温が奪われてしまい、最悪の場合死亡する事もあるので、リビアヤマネコは体が濡れる事を嫌うようになったとされます。この習性は現在の猫にも受け継がれています。

シャンプーのやり方

にゃんにゃん14-4
シャンプーをする前には、ほこりや毛が絡まらないようにブラッシングを行い、無駄な被毛を取っておかないと、排水溝などに被毛が詰まって掃除が大変なので、事前にブラッシングを行います。

シャンプーをする際には、猫を入れて溺れないくらいの大きめの容器にぬるま湯を入れて、猫用のシャンプーを適量入れます。また、猫は人とは違って汗腺がない為にあまり熱いお湯を入れると、熱射病になりやすい為にあまり暑いお湯を入れる事はやめましょう。さらに、人用のシャンプーは刺激が強すぎる為に猫用のシャンプーを使用しましょう

スポンサーリンク





シャンプーは化学製品なので、顔、特に目や耳にかからないように後頭部から尻尾にかけてシャンプーをしながら洗っていきましょう

頭から下に向かって洗うのは、汚れをきれいに落とす為もありますが、猫にのみがいた場合に頭の方へ逃げ込まないようにする為です。

シャンプーをする際には、肛門嚢を絞るようにしましょう。肛門嚢は、肛門の付近の左右にある嚢で、かなりの臭いが強い液体でこれはマーキングの際に使用するといわれる液体です。この液体は普段は排泄時に排出されますが、中には溜まってしまう事があるので、シャンプーをする際には肛門嚢が溜まっていないかどうかを確認して、もし溜まっている場合には絞るようにしましょう。

すすぎ忘れは厳禁!

にゃんにゃん14-5
シャンプーが終わったら、しっかりとすすぐようにしましょう。すすぐ際にもシャンプー同様に頭から下にすすいでいきます。その際のシャワーの温度もぬるめの温度ですすいでいきましょう。

また、猫は臆病な動物でシャワーの水音だけでも驚いてしまいます。なので、シャワーを猫の体に密着させてからすすぐようにします。

シャンプーのすすぎがしっかりできていないと、シャンプーは化学製品なので皮膚炎の原因になる場合もあるので、シャンプーが被毛や皮膚に残らないようにしっかりとすすぎましょう。

猫は濡れる事が嫌い!

にゃんにゃん14-6
すすぎが終わったら、猫の体を必ず拭くようにしましょう。猫は基本的に寒さが苦手です。体が濡れていると、気化熱によって体温が奪われてしまい、体調が崩れてしまう場合もあるのでしっかりと拭くようにします。

タオルなどとドライヤーを使って乾かしていきますが、ドライヤーを使用する場合にはあまり皮膚に近づけると低温火傷をする場合があるので、ある程度距離を置いて使ったり、タオルや自分の手を置いて熱くなりすぎないように確認しながら行いましょう。

まとめ

1. 猫の唾液がシャンプーの代わり?は、猫は狩猟のスタイルの為に体を清潔に保つ事が重要なので、唾液を使って体を清潔に保っています。

2. 猫のシャンプーは必要ではない?は、本来は必要はありませんが、猫を清潔に健康的に保つためには必要といえます。

3. シャンプーのやり方は、シャンプーは目や耳に入るとトラブルの元となってしまうので、シャンプーが入らないように細心の注意を払いながら行いましょう。

4. すすぎ忘れは厳禁!は、シャンプーが体に残っていると健康被害が出る場合もあるので、しっかりとシャンプーを洗い流しましょう。

5. 猫は濡れる事が嫌い!は、体が濡れていると気化熱によって水分が失われる際に体温も失われてしまいます。なので、気化熱により体温が下がり、体調を崩す原因にもなってしまいます。

猫のシャンプーは本来は必要ではないですが、猫を清潔に保とうとすればシャンプーを定期的に行う事が大切といえます。また、ブラッシングをしっかりと行っていれば、シャンプーをする頻度は下げる事はできます。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク