猫のトリミングの必要性 ~猫のブラッシングやシャンプー、カット、爪切り、耳掃除~

猫も犬と同じようにトリミングが必要なのでしょうか?また、どんな種類があるのでしょうか?
さらに、ペットサロンなどにおいて猫のトリミングをした際に事故が多いという事も聞く事もあります。では、安心して猫のトリミングをする事はできるのでしょうか?
にゃんにゃん11-1
今回は猫のトリミングの必要性とトリミングを行うメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

猫のトリミングは必要?

にゃんにゃん11-2
猫のトリミングは、実際は必要ありません。ただ、猫を長生きさせたい場合にはトリミングは必須ともいわれます。そもそもトリミングとは、被毛のブラッシングやシャンプー、カット、爪切り、耳掃除などを行う事です。

→天然成分に徹底的にこだわり、肌と被毛の潤いをケアする「ヨロチコシャンプー」

ただ、これらの事を猫は自分自身で行う事ができます。被毛のケアとしてはブラッシングやシャンプーは毛づくろいをする事で行っているといわれています。さらに、猫の唾液は殺菌効果があるとされ、それを被毛に塗る事でシャンプーの役割を担っているともいわれるので、実際にはシャンプーは必要はありません。ただ、背中などの届かない場合の被毛は汚れやすく、汚れを舐める事で病気に罹患する可能性もゼロではありません。

また、爪が伸びすぎると怪我の原因にもなるので、定期的な爪切りは必要といえます。
なので、猫のトリミングは絶対しなくてはいけないものではありませんが、飼い主や家族が行う事で猫を病気や怪我から守る事になります。

猫のトリミングのメリット

にゃんにゃん11-3
猫のトリミングをするメリットとしては、毛玉対策があります。猫は毛づくろいする事で被毛を整えていますが、被毛を飲み込んでしまい、毛玉が胃や腸の中にできてしまい、腸閉塞を引き起こしてしまい、最悪の場合は死亡してしまう可能性もあります。

また、シャンプーでも抜け毛対策ができ、結果として毛玉対策にもなります。
→天然成分に徹底的にこだわり、肌と被毛の潤いをケアする「ヨロチコシャンプー」

さらに、爪が長いと家具やカーテンなどに引っかかってしまい、宙吊り状態になってしまい、怪我に繋がる場合もあります。ただ、猫は自分で爪とぎなどで爪を整えるので、爪切りは爪が伸びてきた場合で十分ですね。
猫のトリミングで重要なのが、耳掃除です。猫の耳は素人だと怪我にもつながるので、トリマーに行っているようにしましょう。また、耳の汚れや耳垢、皮脂は耳のトラブルのもとになるので、定期的な耳掃除が大切です。

→洗濯物と一緒に入れるだけ!猫の抜け毛をしっかり除去するフリーランドリー

猫のトリミングのデメリット

にゃんにゃん11-4
猫のトリミングのデメリットとしては猫自身が感じるストレスがあります。猫は、自分で毛づくろいをする事で安心感を得ます。なので、トリミングで被毛がカットされ短くなると、強いストレスを感じて執拗に皮膚を舐めて皮膚炎を引き起こしたり、体を傷つけてしまう場合もあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク





また、温度調節ができなくなってしまう事があります。猫は犬とは違い、暑さよりも寒さに弱い動物で、寒い時期にトリミングを行うと温度調節ができなくなるので、体調を崩した猫や免疫力が低い仔猫や老猫の場合はトリミングをする事は避けましょう

ペットサロンにおける猫の死亡事故

にゃんにゃん10-4
猫をトリマーに預けてトリミングをしてもらう最中による事故で帰らなくなる悲しい事故は犬よりも多いとされます。
その理由としては、猫は犬よりも警戒心が強く、人に慣れるまでに時間がかかり、その最中に落下事故などが起こり、死亡してしまう事があります。猫は、もともと環境が変化する事が苦手なので、店舗を訪れた時点で、緊張度合いがMax状態で、そこに知らないトリマーが来ることでトリマーを引っかいたり、噛みついたりする場合もあります。
店舗の中には、「※猫の場合は、トリミング中猫が暴れたとしても、一切の責任を負うことはできません」などと注意書きをしているところもあります。

また、犬の動きをコントロールする事は簡単ですが、猫の場合は人のように関節が柔らかいので動きをコントロールする事が難しく、事故が起こりやすいという事もあります。
こういった事故を防ぐためには、信頼できるトリマーがいる店舗を利用するか飼い主や家族が自分で行うくらいしか対策はありません。

まとめ

1. 猫のトリミングは必要?は、必要性自体は低いですが、より清潔に保つためには必要といえます。

2. トリミングのメリットは、健康的に快適に過ごさせるためにはトリミングを行う事は重要といえます。

3. トリミングのデメリットは、猫自身が毛づくろいする事が精神的に大切な事なので、トリミングを頻繁に行う事は逆効果となります。

4. ペットサロンにおける猫の死亡事故は、猫の性質上初対面の人が扱いにくい事が事故の原因といえます。

猫のトリミングは、猫自身では不十分な所を飼い主や家族が行うようにすると、猫にストレスを感じさせずに、快適に過ごさせる事ができますね。ただ、トリマーに依頼する時には、事故の可能性がある事を覚悟しなければいけません。それがどうしてもいやな場合は自宅でトリミングを行うようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク