猫のおやつについてわからない人へ!猫のおやつをあげる目的と方法

猫におやつを上げる必要性はあるのでしょうか?
猫は、犬とは違ってしつけをする必要性が高くはないので、しつけのご褒美としておやつをあげる必要性は低いといえます。では、猫におやつを与える目的とその方法、頻度はどういったものがあるのでしょうか?
にゃんにゃん予備8
今回は、猫のおやつの目的とその方法について紹介していきたいと思います。

猫におやつを与える目的

にゃんにゃん4-3
猫におやつを与える最大の目的は、猫とのコミュニケーションです。飼い主や家族と猫との関係を深める際に有効的な方法が猫におやつを与える事です。猫にとっても大好きな飼い主や家族から食べ物をもらえる事はうれしい事であり、絆を深めるいい機会となります。

また、猫も犬ほどではないですが、トイレトレーニングなどのしつけをする必要があります。さらに、動物病院から帰ってきた際や留守番をした際のご褒美としておやつを与える事は有効な手段です。猫がした行為をいい行為という事を認識するようにおやつを与えるようにして、よい行為を猫に覚えさせるという方法です

さらに、おやつの中にはキャットフードだけでは補えない栄養を補うという役割もあります。ただ、基本的には総合栄養食であるキャットフードを与えていれば、栄養が足りない事はないとされているので、おやつを与える必要性はありません。

煮干しなどはカルシウムの補給や食物繊維が多く含まれるおやつは毛玉のケアに効果のあるものなど様々なおやつがあります。特に、猫は身づくろいをする動物で被毛を飲み込んでしまい、胃や腸の中に毛玉ができてしまう動物なので、毛玉のケアは大切です。

猫におやつを与える際の注意点

猫におやつを与える際の注意点としては、食べさせ過ぎです。おやつの中にはカロリーが高いものもあったり、カロリーは高くなくても量を多く与えれば、食べ過ぎになってしまい、肥満になってしまいます。人や犬でもそうですが、肥満は健康被害を引き起こします。

基本的にキャットフードをしっかり食べていれば、おやつを与える必要はないので、量を沢山上げる必要はないので、食べ過ぎにならないように注意しましょう。

スポンサーリンク




猫におやつを与える頻度

にゃんにゃん10-4
先ほど記述したようにしっかりとキャットフードを食べていれば、猫におやつを与えなければいけないわけではありません。また、毎日おやつを与えると、そればかりを食べるようになってしまい、肝心のキャットフードを食べなくなったり、十分に食べなくなってしまい、本末転倒な状況になってしまいます。さらに、おやつだけでは必要な栄養を取る事はできないので、栄養が偏ってしまい、健康被害を引き起こす場合もあります。

なので、おやつを与える際には1日の量を決めたり、毎日与えるのではなく2~3日に1回のペースで与えるようにしましょう。

猫におやつを与えるタイミング

にゃんにゃん10-5
猫におやつを与える際のタイミングには決まったタイミングはないとされますが、一般的には食餌と食餌の間の間食として与える事が多い傾向です

人でもそうですが、間食が多いと肥満の原因にもなるので、猫にねだられたからといってそのまま食べさせるとすぐに太ってしまいます。なので、飼い主や家族の方が食べさせる量や頻度を調節するようにしましょう。肥満になると、腰や膝に負担がかかり、関節炎の原因になったり、怪我の原因にもなったりするので注意しましょう。さらに、糖尿病などの原因にもなるので、肥満にはならないように適正体重を維持するようにしましょう。

また、どのタイミングや頻度に関して飼い主や家族の中で決めておくと、おやつの食べ過ぎを防ぐ事になります。

まとめ

1. 猫におやつを与える目的は、猫とのコミュニケーションを図る事が目的ですが、食べ過ぎには要注意です。

2. 猫におやつを与える際の注意点は、食べ過ぎによる栄養過多や肥満にならないようにする事です。肥満はいい事は何1つもないので、適正体重を維持するようにしましょう。

3. おやつを与える頻度は、毎日与えると太りやすくなるので、1日間隔や2日に1回などの間隔をあけて食べさせましょう。

4. おやつを与えるタイミングは、猫にねだられたから与えるのではなく、常に飼い主や家族が決めるようにしましょう。

猫とのコミュニケーション方法として有効的な手段であるおやつですが、無計画におやつを与える事は将来的には健康被害を引き起こす可能性があるので、おやつを与える頻度や量について決めておくことが大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク