別名ボイスレスキャット!ロシアンブルーはクールとキュートを兼ね添えた猫☆

ロシアンブルーはグレーの美しい毛並みにグリーンの瞳。仔猫の時はブルーに近い瞳をしていますが、大人になるにつれグリーンに変化していきます。
ロシアンブルー
よく見ると尻尾には薄っすらシマシマ模様があるのもロシアンブルーの特徴かも。見た目はとてもシャープで動きも機敏。無駄鳴きが少ないのもロシアンブルーの特徴です。

しかしそのシャープな見た目とは打って変わり、時折甘えた声を出しながら擦り寄ってくるギャップに悶える人多数!洋猫らしさの懐っこさと、猫特有のクールさを兼ね備えた猫ちゃんです。

ロシアンブルーを迎える時のポイントは完全室内飼い!

仔猫はとにかく好奇心旺盛。ロシアンブルーも小さい頃はぴょこぴょこと走り回り、いたずら大好き!運動神経はもちろん良いですが、時々テンションが上がり過ぎて棚から落ちるというおっちょこちょいな一面もあります。

好奇心旺盛なのでお外に興味を持ちますが、警戒心があまりないので完全室内飼いがオススメ。猫ちゃんの個体差もありますが、たまには猫散歩もアリかも??

スポンサーリンク





そして泌尿器系が弱いので、ご飯は少し奮発してでもしっかりした物をあげるのが◎。ドライフードとウェットフードを併用すると猫ちゃんも喜びます。

ロシアンブルーはシャープな見た目とは裏腹な甘え上手!

猫ちゃんはあまり人に懐かない、呼んでも来ないと思われがちですが…そんな事はありません!!帰ってきたらとても高い声で迎えてくれます。(ロシアンブルーの声を聞けるのはこの時とご飯の時くらいかも??)

喉をゴロゴロと鳴らし、足元に擦り寄ってくる姿を見ると1日の疲れも吹っ飛びます。そして何と言ってもロシアンブルーの毛並みと毛艶はピカイチ!!柔らかくふわふわとした毛並みの感触に、撫でてるだけで癒されます。

猫をペットとして飼うおすすめポイント

猫ちゃんを迎えるにあたって、1人でいる寂しさが和らぎます。

しかし猫はとてもマイペース。寂しさを紛らわすと同時に、1人の時間も大切に出来るのが猫との暮らしの良いところ。

一緒にいる時間も、いない時間も、どちらも気兼ねなく共有出来るのが猫の素敵なところだと思います。

(テキスト:ロシアンブルー飼い主)