シャム猫ちゃんの意外な一面。実はスレンダーなボケ担当

シャムは気質が荒く鳴き声がデカイ!といった話をよく聞きましたが、昔のシャム猫に比べ今はかなり飼いやすく改良されている様です。
シャム
スマートでしなやか、居るだけで絵になるシャム猫ちゃんはお話が大好きで、小悪魔的な甘え上手さんが多いように感じます。意外にのんびり屋さんなところもあります。

うちの子は男の子ですが、どちらかというと社交的なムードメーカーといった感じでしょうか(笑)。

犬とも猫ともうまく付き合ってくれるのはこの子だけで、後から入った新入りのチビの噛み癖をしつけてくれたのも実はこの子です。

とにかくシャム猫は神秘的。

1番の魅力はあのスレンダーな身体と吸い込まれそうな深いブルーのおめめだと思います。嫌なことがあった日も、あの蒼い眼を見ているだけで気持ちが落ち着きますよ。

シャム猫を飼うときの注意点!改良されたとはいえ・・・

やっぱり声は他の子と比べて若干大きめです。

ご飯がほしい、お水がほしい、トイレの砂変えて!なんて欲求は大きな声でアピールします。

それにまだ若いうちはやんちゃな子が多いので、それなりの運動が出来るように高めのキャットタワーを設置してあげると良いと思います。

爪とぎ用の柱が付いたものがオススメです。

あとこれはうちの子だけかも知れませんが、少し毛が油っぽいです。

男の子というせいもあると思いますが、汚れてきたらこまめにシャンプーしてあげてくださいね。
→天然成分に徹底的にこだわり、肌と被毛の潤いをケアする「ヨロチコシャンプー」
汚れが取れたときのあの柔らかさと言ったら!本当にフワフワでたまりません。

スポンサーリンク




シャム猫ちゃんのフミフミ。どこででもフミフミしますよ?

見た目とのギャップ。
わんわん物語に登場する、意地悪なシャム猫のイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実際のシャム猫はおっとりしていて天然キャラなんです!

頭も良いので、いつもと違う気配を感じたら率先してパトロールに回ります。(家の中だけですが・・笑)

そして寝る前のフミフミ!
ぬいぐるみ、クッション、私のお腹・・・(笑)。とにかく柔らかいものを見つけたらフミフミします。

やっぱりこれが1番かわいいですね!

猫をペットとして飼うおすすめポイント

1番好きなのは寒い冬、布団に入ってきてゴロゴロしてもらう事です。
そこからのフミフミもたまりません!

ゴロゴロ、フミフミに魅了されない人はいない!と豪語したいほどです。

また落ち込んでいるとき、ソッとそばに寄り添ってくれる子もいます。
うちで飼ってきた子は男の子ばかりですが、みな優しい子たちばかりでした。

娘たちも幼い頃から猫に触れているので、猫のない世界は考えられない様ですよ。

(テキスト:シャム飼い主)

スポンサーリンク