アビシニアンは珍しい?エキゾチックで聡明なアビシニアンを飼おう!

アビシニアンの歴史はとても古く、遡ること約4000年前の古代エジプトの壁画や彫刻に描かれた「聖なる猫」の化身とされています。

なんとあの世界三大美女の一人、クレオパトラが愛した猫とも言われており、現存する家猫の中では最も古い猫とされています。
アビシニアン
色の種類はルディ、レッド、ブルー、フォーンの4種。小さな顔にスラッとしたスタイルが特徴的です。

抜け毛は少なくブラッシングは毎日しなくてもOK、水を怖がる子が比較的少ないのでシャンプーもしやすく、お手入れが簡単でとっても飼いやすいですよ。

起こりやすい病気や寿命等…アビシニアンを飼う時の注意点

アビシニアンを飼う際に注意してほしいのはかかりやすい病気がいくつかあること。先天性甲状腺機能低下症や拡張型心筋症、腎アミロイドーシスというような病気がアビシニアンはかかりやすいと言われています。

もちろんそれらの病気にかからない子もいますが、飼い主がしっかり普段の様子を観察し、定期的に病院で健康診断を受けること、何かおかしな点やいつもと違う異変を感じたらすぐに病院に連れて行き、かかりつけの獣医さんに見てもらうよう心がける事が大切です。

またアビシニアンは活発でとっても元気なので、お部屋の中で走り回ることが多いです。その際に怪我をしてしまった!なんてことも…。アビシニアンを迎える際は怪我やストレスがない快適な空間となるよう、家具などの配置をしっかり考え直す事が得策です。

スポンサーリンク




大きな耳にアーモンド型の瞳。アビシニアンは美しい!

前述した通りクレオパトラにも愛されたと言われているアビシニアン。お顔を見るととっても綺麗な顔をした子が多いのも特徴です!

しかし、キリッとした美しい見た目とは裏腹に、甘えん坊で人懐こい性格を持ち合わせています。猫らしい所謂「ツンデレ」と呼ばれるような性格をしている子は少ないです。

特にアビシニアンの雄は非常に甘えん坊なので、猫にとことん甘えられたい!なんて方は雄を飼うことをおすすめします。

猫をペットとして飼うおすすめポイント

犬の頭の良さは知られていますけれど、猫も同じくらいかそれ以上にとっても賢いのです。

世間では冷たい印象を持たれがちな猫ですが、とても義理堅く家族には優しい生き物だと言う事をあなたはご存知でしたか?

猫を飼いはじめてその愛情深さに驚いた方も少なくはないと思います。一度飼うと病みつきになりますよ。

(テキスト:アビシニアン飼い主)

スポンサーリンク